スズキ・アルトラパンいくらで売れるの?

アルトの派生車のラパン。正式名称はアルトラパンです。車体に小さくアルトのエンブレムが付いています。

スズキが、アルトベースで若い女性向けに開発したのがラパン。くつろぎ・ゆったり・過ごしやすさをキープコンセプトに設計されました。エンブレムには、ウサギをモチーフにしたかわいいものになっています。

デザインは、ちょっと懐かしい雰囲気を持たせたクラシュック調。最近、流行のワゴンRのような軽セミトールワゴンでなく、アルトから連綿と続く軽セダンを踏襲しています。

搭載エンジンは、660cc直3・DOHCのNAとターボが、前モデル(初代)と現行モデルにラインアップ。走りのテイストに振ったSSなどのグレードは、男性にも人気がありますね。

駆動方式はFFと4WD。ミッションは、コラムシフト4速AT(初代)とインパネシフト4速AT(2代目)で、SS(初代のみ)のみフロアシフトの5速MTが選択できました。

あなたのラパンを下取りに出す前に買取相場を見て見ませんか?
相場の星」なら、すごく簡単検索できます。()

初代ラパン 2002~2007年

グレードは、G・X・X2・SSに、特別仕様車モードⅡ、バージョンⅤ、キャンバストップ、ベネトンバージョン、Lリミテッド、、、多数あります。

買取価格は、約25~35万円です。FFよりも4WDのほうがいくらか査定が高くなります。2004年以前のモデルは、買取価格が付かない状態か走行距離が少なく車検期間の多いラパンならば約1~3万円の値が付くかもしれません。

2代目ラパン(現行モデル) 2008年

初代よりもさらに女性が好む丸みを帯びたデザインになりました。4代目ワゴンRと共通のシャシーでホイールベースも拡大されさらなる室内拡大に貢献しています。2代目ラパンの秀逸なデザインは2008~2009年グットデザイン賞を見事に獲得。

スズキグリーンテクノロジーが搭載され、エコ運転が得意なモデルとなり、先進的安全装置のEBD付き4輪ABSやブレーキアシストなどが標準装備され先代モデルに比べより積極的に安全になりました。

グレードは、G・X・T・TLの4種類。特別仕様車は、Xリミテッドなどがあります。また、派生車としてラパンショコラがマイナーチェンジ後登場し、さらに女性ユーザーを引きつけています。

買取価格は、約55~120万円です。高価買取は、年式が新しく走行距離が少ないモノでFFよりも4WDで特別仕様車ならば、かなりの高価査定が期待出来るでしょう。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ