欧州テイストの乗り味! スイフトの買取は?

スズキのコンパクトカー「スイフト」。欧州風の、ハンドリング性能でライバルとはひと味違うテイストを醸し出しています。

ただ、安くて燃費の良いコンパクトカーでなくさらに上を行く欧州で鍛え上げられた走行性能で確かなドライビングを獲得したスイフトは、ドライブを愛する貴方のための車です。

ライバルは、安価な3気筒エンジンになるなかコストが高い4気筒エンジンを頑なに固持しています。それは、スズキの良心ともいえるもの。

4気筒から3気筒にすれば加速時の滑らかさや静かさは明らかに3気筒のほうが劣ってしまうのは明白な事実です。快適なドライビングを目指すのならば4気筒のほうが一枚も2枚も上手。

現行スイフトのCMミュージックは、ブライアン・アダムスの「Run To You」が使われスイフトの爽快な走行フィーリングに実にマッチしたものとなっています。

また、人気絶好調の女優の杏さんがCMキャラクターを務めているのも印象的です。

ボディーデザインは、欧州テイスト溢れる爽快な走りはまさにスズキが目指したもの。「走りと環境は両立してこそ意味がある」と言い切るスズキは自信に溢れています。

貴方の愛車のスイフトをスズキに下取りに出す前に、査定相場を調べましょう!「相場の星」なら早くて便利!

3代目 2010年

CMのキャッチコピーは、「MORE SWIFT(もっとスイフト)」。ボディーデザインは、2代目のキープコンセプトながらより現代風にリファインされました。

ホイールベースやトレッドは、先代も出るよりも拡大されて直進安定性やさらなる走行性能の向上に貢献しています。

搭載エンジンは、ダウンサイジングされて1200ccと100ccほど小さくなりました。スズキの先進的なエコ技術のスズキグリーンカーテクノロジーが搭載されて26.4km/L(JC08モード)もの高い数値を獲得しています。

1200ccでは、クラストップ!これ以上の燃費は1000ccの三菱・ミラージュの直3DOHCエンジン搭載車しかありません。

100cc排気量の大きいホンダ・フィットでは、24.4km/L(JC08モード)なので約2kmも高い数値を出しています。走行性能と燃費を両立するのならば、スズキ・スイフトが一番良さそうです。

ボディーカラーは、人気のツートンカラーがあり、横滑り防止装置(ESP)などの安全装備も充実しているのですごくお買い得感満載があります。

2代目(2004~2010年)

初代モデルは、軽自動車のkeiとの供用部分が多数ありましたが、スイフトの2代目はまったく新たに欧州戦略車としてスズキが本気を出して新たに開発したモデルです。

ボディーデザインは、初代モデルから大きく改められ車高はSUV路線から改められてより低くなりました。走行性能は、初代モデルと比べるまでもなく格段に進歩しています。

スイフトの人気と査定

まるで、欧州車のようなしなやかな乗り味のスイフト。人気は安定しています。モデルのサイクルから来年には新型になるようなので売却するなら今年中がよいかもしれません。

ここ最近で5年もので売却価格は、約30~130万円です。

来年モデルチェンジの噂があるので売る気があるなら早い時期がお得になるでしょうね。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ