スバル初のSUVフォレスター その査定は?

日本初の4WD乗用車の先駆的な存在のスバル。アウトドアブームの頃、四駆のRV車を持たないスバルが、乗用車のインプレッサのシャーシをベースに開発したのがフォレスターです。

車高の低い、乗用車ベースであったため車高が幾分上げられたにもかかわらずそれまでのRV車にくらべれば、かなり乗用車よりの低い車高で高速ドライビングはお手の物でした。

あなたのフォレスターもすぐスバルへ下取りに出さずに、査定相場を調べてからにしてみませんか?

ズバリ「相場の星」なら速くて簡単!

現行モデル(SJ系)2012年

強豪ライバル達に、引けを取らないように車高は先代モデルよりもさらにアップされてついには、日産・X-トレイルやホンダ・CR-Vと同じくらいの車高になってしまいました。

高速ドライビングでは、大型SUV同じようになり少々不得意になってしまったのは否めません。車高の低かった、初代・2代目に比べれば遙かに背高のっぽの車高になり高速コーナーは少々不得意に、、。

スバルお得意のAWDは、さらに熟成されて電子制御式のX-MODEに進化しました。免許取り立ての初心者でも熟練ドライバー並のドライバーテクニックで悪路走行もなんのその!

ボディーデザインは、特徴的な異形ヘッドライトのホークアイのフロントデザインに、ターボ搭載デザインながら大きなエアーインテークがないボンネットデザインが採用されました。これは、歴代スバル車のデザインではなかったことです。

先進的な、安全装置アイサイトが搭載され、燃料消費も抑えたアイドリングストップ機能も搭載されます。現行フォレスターの査定価格は、約160~200万円。高額査定を期待出来るのは、ターボ搭載のXTやアイサイト搭載車です。

3代目(SH系)2007~2012年

車高が大幅に上げられて、とうとう車体左側下が見えるようにサイドアンダーミラーが装備されるようになりました。搭載エンジンは、2000ccの水平対向4気筒DOHCのNAとターボの2種類。NAエンジンは、それまでのSOHCからDOHCへと進化。

2代目(SG系)2002~2007年

車高が立体駐車場に入れられる1550mm以下です。初代の面影が色濃く残るモデルです。ワインディングを駆け抜ける快感が、半端でないほど高いモデルでした。

特別仕様のSTIバージョンなどはスバル専門の業者に査定を依頼した方がよいでしょう。

フォレスターの査定と人気

現行モデルの人気はひじょうに人気があります。人気の高いのは、ターボ搭載のXTやアイサイト搭載車です。現行フォレスターの査定価格は、約155~200万円でしょう。

3代目は、中古車価格もこなれてきたので需要高いです。査定は、約30~130万円。モデル初期の2007年式で走行距離が10万km以下のものですと査定も安くなり30万円台でしょう。

2代目は、年式も古くや走行距離も多いので売却するには、かなり安くなっています。査定は、約1~45万円です。やはりターボ搭載や特別仕様車などは高く査定されます。

初代モデルは、残念ながら年式がかなり古くなることから売ることは不可能です。それでもよほど走行距離が少なくて程度のよいものならば約1~3万円くらいの値が付くかもしれません。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ