スタイリング重視でスポーティなトヨタ・ウイッシュ(wish) その買取価格は?


トヨタの車高の低い5ナンバーサイズのミニバンと言えばウイッシュ。

同じ趣向のライバルはホンダ・オデッセイ。あちらは、昨年のモデルチェンジでとうとう後席ヒンジ式ドアからスライドドアには変身してしまいました。

マツダ・プレマーシィも後席スライドドアで残るはホンダ・ストリームですがあちらは車格も一つ下で販売面でも振るわなくまったくの青色吐息状態です。

オデッセイは、3ナンバーなので実質的なライバルはその下のストリームですが、販売低迷が続いていて、もはやその存在も忘れられかけている不人気車に成り下がっています。圧倒的に、トヨタ・ウイッシュの勝ち。

現在では、後席ヒンジドアで頑張っているのはトヨタのウイッシュのみと寂しい状況となっています。あなたのウイッシュを下取りする前に買取価格は、どれくらいかみてみませんか?

相場を見るなら、「相場の星」。

初代(2003~2009年)

ホンダ・オデッセイやストリームのライバルとして誕生したウイッシュ。ボディーサイズは、5ナンバーサイズでなんとホンダ・ストリームとほぼ同じ。保守的なトヨタがホンダのまねをして開発したのかは不明ですが、ホンダと真っ向勝負したのは自明の事実です。

トヨタでは、イプサムが3ナンバーへと大型化したのを受け、その後釜に据えたのがウイッシュとなっています。スタイリング重視でスポーティなイメージで売りたいウイッシュは、あえて後席スライドドアでなく、ヒンジ式としました。

グレードは、E(廉価版)・X(ベースグレード)・G(上級グレード)・Z(スポーツグレード3ナンバー)となっています。

2代目(2009年~現行車)

「願いがあるなら、かなえに行こう。」と、人気絶好調のエグザイルがCMを行っていたのが現行モデル・2代目ウイッシュです。

スポーティ感とミニバンの快適性をより追求したモデルとして発表されました。グレード展開は、1.8A(廉価版)、1.8X(ベースグレード)、1.8S(スポーツグレード)、2.0X、2.0Z(最上級車)。

駆動方式は、初代・2代目ともにFFと4WDでミッションは、ATとCVTになっています。

人気と査定。

最近は、背の高いミニバンの人気が高いのでウイッシュの人気は?イマイチありません。なので、売却を考えてられている方は早めが絶対お得になります。

査定額は、2代目の現行モデルならば約100~150万円です。初代モデルは、発売されたのが2003年と10年以上も前になりますので、査定がつかない場合もあり売る事が不可能かもしれません。

それでも、10年以内で走行10万キロ以下でかなり程度の良いものであれば約5万円の査定になるでしょうか。それ以降の、初代モデルは10~100万円。買取価格は、走行距離と車の状態やグレードによります。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ