トヨタのスポーツセダンを担うマークXその査定額は?


トヨタのセダンでクラウンに次いで来るのはマークⅡ。トヨタのトップはクラウンで、2番手はマークⅡのイメージを払拭したくクラウンとは違ったスポーツセダンを目指したのがマークXです。

事実上、10代目マークⅡですが、それまでのマークⅡ三兄弟のイメージを払拭するためにすべてが一新されました。

あなたのマークXをトヨタに下取りに出す前 に、その査定相場を調べて見てみませんか?「相場の星」の星なら簡単で、検索もスピーディー!

初代マークX(2004~2009年)

上級車であるクラウンからのシャーシが流用されたことによりそれまでになかった高い質感の走りを得ました。

ヘッドライトは、片側3灯式で合計6灯そなわる趣はこれまでになかったものです。リヤのデザインで特徴的なのは排気マフラーがリヤバンパーのディフェーザーパイプにつながれてリヤのデザインがすっきりしていることです。

取り回しのしやすさから前後のオーバーハングは短くされたため、サイドからの長めは先代マークⅡのような美しさはありません。意外な事に、車高は先代モデルよりも40mmほども低くされてスポーティな走行性能を得るようにされています。

なぜか、2代目モデルには継承されませんでしたが、現行クラウンやレクサスにはこのデザインが使用されていますね。

搭載エンジンは、マークⅡ時代の直6DOHCからV6DOHCに変更されています。2500ccと3000ccのガソリン直噴エンジンのD-4が搭載されています。マークⅡ時代にあった、ターボ搭載車は残念ながら設定されなかったのは誠に残念。

室内は、高級車にあった質感高いもの。高級セダンなのにリヤシートは、6対4で分割可倒シートで荷物の積み込みには長尺ものでも困ることはありません。

2代目マークX(2009年~現行モデル)

最近、奇抜なボディーカラーのイエローレーベルで話題となった特別仕様車がありましたね。マイナーチェンジされたばかりなので人気はしばらく落ち着いているでしょう。

初代マークXで特徴的だったフロント6眼ヘッドライトは2眼に改められ、リヤの特徴的な排気口も極普通のマフラーに改められたのはちょっと残念なところでしょうか。

搭載エンジンは、3000ccが排気量アップされて3500ccにされました。クラウンアスリートと同型エンジンです。2500ccは、プレミアム仕様からレギュラー仕様となり家計にも優しいものになっています。

査定は?

現行モデルの2代目マークX査定は、約70~300万円。高査定は、350プレミアムやGs。初代マークXは、約35~60万円です。初代マークXを高査定で売るには、やはり早めの売却がお得になります。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ