トヨタ車カローラフィールダーの買取について

トヨタ車の昔からある車

トヨタの代表作と言えば、カローラフィールダーです。今でこそ、色々な世代や性別向けのラインの車がトヨタから発売されていますが、昔はトヨタと言えばカローラというほど定番中の定番車種でした。

今価格を抑えたパッソやヴィッツなどの車種が売買されていることもあり、カローラはトヨタの車の中での中堅層のラインの車になりつつあります。

イメージとして低価格車、ヴィッツやパッソ、BBなど、中堅層はカローラ、RAV4、プリウス、高級車の部類にセンチュリーやクラウンなどの位置づけになります。

カローラフィールダーは200万円前後の車種ですが、万人受けするラインの車なので、特に車の興味がないような人には、「とりあえず」という感じで選ばれるタイプの車です。そのため中古車業者の中でも動きが大きい車の一つです。

種類が多いため中古車売却価格は低めです

売却価格もそれほど低くはありません。こちらのサイトなら確認がすぐ出来るのでおすすめです。しかしカローラフィールダーは、カローラフィールダーハイブリットがあり、時代の流れでハイブリットに力をいれる業者が多くなってきたので、売却や下取りもハイブリットタイプのものと比べてしまうと劣る点はあります。

グレードや、パーツ、ナビなどの付属オプション品によっても違いがありますが、だいたい30~200万円で中古車買取がされているようです。

最低ライン30万円ほどとかなり安い理由の一つは、やはり昔からある車だけに出回っているラインも、かなり古いものがあることもあり走行距離が長いものもあるためだと思われます。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ