クラウンアスリートは中古市場も大人気!

トヨタだけではなく、日本を代表するモデル、クラウン。国産高級セダンの代名詞とも言うべきクラウンは様々なバリエーションが登場していますが、特に高い人気で知られているのがクラウン アスリートです。

クラウン アスリートってどんな車?

クラウンは高級セダンの代名詞とも言うべき程のモデルですが、人気モデルであるがために様々な派生モデルが登場しています。

その中でも走行性に力を入れたモデルがクラウンアスリートです。

登場はクラウンが7代目の頃、1983年。その後はどのモデルにも必ず用意される人気グレードとなりました。

クラウンはどちらかといえばやや年配で落ち着いたセダンが欲しい層向けのモデルなのですが、クラウン アスリートに関しては少々若い層をターゲットにしています。

高級感よりも走りを楽しみたいと考えている層向けのモデルなので、中古車市場での人気がとても高いのです。

新車でとなるとさすがに購入を躊躇ってしまうものの、中古であれば…ということで、中古車市場でのクラウン アスリートの人気はとても高いです。カスタムして楽しむ若いドライバーもいます。

クラウン アスリートを売りたい!チェックポイントは?

クラウン アスリートを売りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

人気モデルなだけあり、高値が期待出来るモデルですがチェックポイントは走行距離とカスタムの有無です。

走行距離が短い方が良いのは当然として、クラウン アスリートは先にも触れたようにカスタム需要もあります。そのため、カスタムされている場合、査定が少々変わります。

メーカー純正のものであれば高額査定も見えてくるのですが、独自のカスタムの場合、少々査定が落ちるケースもあります。カスタムするのであれば元のパーツはどこかに保管しておくと良いでしょう。

両方揃って「いつでも戻せる」という状態であれば査定もそこまで影響出ません。

クラウン アスリートの買取相場はどれくらい?

クラウン アスリートの買取相場も気になる所です。

形式 販売期間 値段
S12系 1983年~1987年 ~210,000円
S13系 1987年~1999年 ~230,000円
S14系 1991年~1995年 ~390,000円
S15系 1995年~2001年 ~630,000円
S17系 1999年~2007年 ~840,000円
S18系 2003年~2008年 ~1,710,000円
S20系 2008年~2012年 ~3,460,000円
S21系 2012年~ ~4,900,000円

以上のような相場となっていますが、こちらはあくまでも目安です。古いものでも状態が良ければそれなりの額になりますし、走行距離も短く、内外装共に綺麗であればより高額査定も見込めます。

クラウン アスリートの人気グレードは?

クラウン アスリートにも様々なグレードが用意されているのですが、人気グレードはアスリートGのハイブリッドエンジンモデルです。

こちらは走りを楽しめるモデルであると共に、23.2km/Lという低燃費が売りです。

こちらは落ち着いた高級セダンが欲しい層に人気です。ガソリンモデルのクラウン アスリートGも人気です。燃費ではなく、走りを楽しみたい人にとってはガソリンモデルの方が断然魅力的なのでしょう。

重低音のエンジンサウンドを楽しみつつもクラウンというブランドバリューも楽しみたいという層からはガソリンモデルの需要も高いので、これらは買取価格も高いです。

クラウン ハイブリッド アスリート G ~4,770,000円
クラウン アスリートG ~4,900,000円

クラウン アスリートのより高くうるための方法は?

クラウン アスリートをより高く売るためにはオンライン査定による一括査定がお勧めです。

オンライン査定はメリットが多数あります。無料ですし、スマートフォンからでも手軽に行える点。

何より愛車の相場が分かります。数多くの業者に見てもらいますので、自分の愛車がどれくらいの価格なのかが分かります。

ここで得た情報を元に、買取業者の元に行って「他のお店では査定で○○万円だったんですよ」とでも告げれば、相手にプレッシャーを与えられます。

買取業者側としても本気で欲しいのであればそれ以上の買取価格を提示しなければなりません。ましてやクラウン アスリートの場合、人気モデルなので業者側としても是非とも欲しいモデルです。

本気で欲しいのであれば一括査定以上の額を提示してくれるので、自ずと高額買取になります。仮に一括査定の方が高ければ一括査定の業差yに買取ってもらえば良いだけです。

相場さえ分かっていれば交渉そのものは決して難しいものではないはずですよ。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ