トヨタ マークX ジオの査定&買取価格っていくら?


トヨタ マークXジオは唯一無二とも言えるコンセプトの人気モデルでしたが、中古車市場での相場や、高く買取ってもらうための秘訣をまとめてみました。

2007年9月から2013年12月まで発売されていたトヨタ マークXジオ。

名前からも分かるように、マークXの派生車種ではあるのですが、プラットフォームが異なるなど、名前以外には共通点は見られません。

登場時「新コンセプト」と銘打たれていたように、ミニバンとステーションワゴンの間に位置するキャラクターで、ステーションワゴンのような「商業感」もなければ、ミニバンのような「ファミリー感」もなく、実用性とスタイリングを備えたモデルとして人気を集めました。

新車価格帯は2,470,000円~3,500,000円。どのグレードもCVTで、エンジンは2.4Lと3.5Lの二種類。駆動方式はFFとフルタイム4WDの二種類が用意されていました。

スペック
全長×車幅×全高 4705×1785×1550mm
室内長×室内幅×室内高 2670×1505×1220mm
ホイールベース 2780mm
カタログ燃費 9.8km/L~13.2km/L
新車価格帯 2,470,000円~3,500,000円

トヨタ マークX ジオを売りたい!査定に関わる部分ってどんな部分?

トヨタ マークX ジオを売りたいという方も多いようです。独特のキャラクターという事でニッチな需要もあり、相場は決して低くはありません。


査定の際、肝となるのは走行距離です。他のモデルの場合、年式も大切なのですが、マークXジオは発売期間中、2011年に一度マイナーチェンジが行われたのみでした。

その際の変更点はアルミホイールやフロントグリルのデザイン変更等で、ドライブトレインに大きな変更があったものではありません。

そのため、2007年から2013年の期間中はほとんど同じモデルが販売されていたと考えてよいでしょう。

年式よりも走行距離がベースになるのはそのためです。もちろん、走行距離も短く、年式も新しければ高額査定も見えてきます。

トヨタ マークX ジオの買取相場を知っておきたい!

マークX ジオの買取相場は比較的高めです。生産終了モデルではありますが、競合車があまりない点。トヨタというブランドバリュー。

これらのおかげで中古車市場でも人気を集めていますので、良い状態であればそれなりに高額査定を出してくれるでしょう。

走行距離40,000kmを切っていれば、1,500,000円以上も見えてきます。走行距離が100,000kmに近付いている場合でも多少は値が出るはずですよ。

買取グレード価格帯
240 780,000円~1,300,000円
エアリアル 990,000円~1,400,000円
350G 1,520,000円~2,300,000円

大まかな相場ですが、参考になされてください。

トヨタ マークX ジオの人気グレードは?

トヨタ マークX ジオには2.4Lと3.5Lの二種類のエンジンが様々なグレードで展開されていました。


また、駆動方式もFFと4WDがあるなど、細かく分類されているのですが、人気グレードは「エアリアル」です。

エアリアルはスポーティー感を演出したグレードなので、マークXジオを欲している人にぴったりです。

このグレードはベース査定が高いです。2.4Lと3.5Lでは新車価格からの相場という点では2.4Lエンジンのグレードの方が査定額は高いです。

自動車税の負担が3.5Lよりも安いからですが、3.5Lエンジンには「走りをよりパワフルに楽しみたい」というニーズが向けられていますので、こちらの査定も2.4L程ではないにせよ、決して悪くはありません。

もっと高く売りたい!その秘訣はないの?

高い相場を誇るマークXジオですが、少しでも高く売りたいのであれば、お勧めはオンライン査定による一括査定です。一括査定の利点は、相場を知れる点にあります。

「一括査定をしたら売却しなければならない」と思っている人もいるかもしれませんが、一括査定により、様々な業者の査定を知れます。それにより、愛車の大まかな相場も見えてくるはずです。

相場を知れば、そこからの上乗せも可能です。

例えば下取りしてもらう際にも「とあるところでは○○万円って査定をしてもらった」とでも言えば、相手業者としても本気で下取りをしようと思ったら言われた査定額以上の額を提示しなければなりません。

仮にオンライン査定よりも低い額であれば、オンラインの一括査定で一番高かった業者に売却すれば良いのです。

いざ愛車を売却しようと思っても、相場が分からなければ、提示額が高いのか安いのかさえ分かりませんが、一括査定を受けておけば比較材料が出来ますので、愛車を納得して手放せるはずです。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ