トヨタ bBってどんな車?特徴と高額査定のポイントをチェック!

スタム需要を狙って若者をターゲットに想定していたものの、居住性の高さから幅広い層から人気を集めるに至りました。

そんなbBの特徴と共に、査定のポイントもチェックしてみるとしましょう。

トヨタ bBってどんな車?

初代モデルは2000年に登場。

初代ヴィッツとプラットフォームを共有し、試作車を製作するのではなく、CGから一気に製作まで行うフルデジタル設計が特徴です。

2003年4月にマイナーチェンジが行われ、外観等にテコ入れを行いました。

2005年12月にフルモデルチェンジが行われます。この際、ベース車がヴィッツからパッソへと変更。最小回転半径は小さくなったものの、ホイールベースは延長されたおかげでより居住性が高まりました。

他のモデルにはない魅力を備えたモデルとして、初代モデル同様幅広い層から人気を得ていたのですが、2008年10月のマイナーチェンジ以降はこれといった動きがなく、2016年5月に生産終了となってしまいました。復活するのではないかとの噂もありますが…。

全長×全幅×全高 3,795×1,690×1,635mm
室内長×室内幅×室内高 1,935×1,420×1,330mm
ホイールベース 2,540mm
新車価格帯 1,605,273円~1,939,091円

トヨタ bBを売りたい!査定でのチェックポイントは!?

トヨタ bBを売りたい人にとって、査定ではどこを見られるのかはチェックしておきたいポイントです。

基本的に、他車同様走行距離と年式です。

2008年10月にマイナーチェンジが行われていますので、新しいモデルの方がより高くなりますし、どのようなカスタマイズをしているのかも査定に関わってくる部分です。

bBは元々カスタマイズしてもらうというコンセプトの元で誕生したモデルですので、中古車市場を見てもカスタマイズされているbBが多々あるのですが、カスタマイズも行き過ぎるとマイナス査定になります。

純正品や、比較的大人しいカスタマイズであれば印象も良く、査定も高くなる可能性があるのですが、少々行き過ぎたカスタマイズや、非純正品でのカスタマイズはマイナス査定になりかねません。

元パーツを残しているのであれば、カスタマイズを戻した方が良い可能性もあります。

トヨタ bBの買取相場もチェック!

トヨタ bBの買取相場は比較的高いです。

5ナンバーのトールワゴン。居住性も高く、さらにはトヨタというブランドバリューもありますし、案外競合車がありません。ホンダ フリードがコンセプトが近いのですが、フリードはファミリーカーです。

お洒落な雰囲気のあるbBとは微妙にコンセプトが異なりますので、競合が少なく、おかげで中古車市場でも人気があります。

状態の良いものであれば高額査定も見えてくるでしょう。走行距離50,000kmを切っていれば40万台も見えてきます。

走行距離が長くとも、それなりの需要がありますので、まずは査定してもらうと良いでしょう。特に「煌」に関しては装備が充実しているので高額査定が見込めます。

S 210,000円~840,000円
Z 510,000円~1,010,000円
Z 煌 630,000円1,270,000円

トヨタ bBの人気グレードは?

人気グレードは「煌」です。

2011年から販売されているグレードで、エアロパッケージやフロントメッキグリル、内外装のメッキ加飾に専用のアルミホイールなど、充実した装備となっています。

元々カスタマイズ需要を見込んでいたbBですが、パッケージングの高さのおかげで幅広い層からの人気を獲得しました。トヨタとしても嬉しい誤算だったのですが、幅広い人気が出たがために、カスタマイズを楽しみたい若者の需要が少々低くなってしまいました。

そこで投入されたのが「煌」です。bBの当初のコンセプトを踏襲すべく、様々なカスタマイズがなされていますので、当初想定していた若者からの人気が高いグレードとなっています。状態の良い「煌」であれば、かなりの高額査定となるでしょう。

トヨタ bBをより高く売りたい!その秘訣は?

生産終了してしまうトヨタ bBですが、相場はそれなりに良いです。

普通に買取ってもらうだけでも良い査定が出るのは間違いないモデルですが、少しでも高く売りたいのであれば、オンライン査定を受けてみると良いでしょう。

オンライン査定では一括査定も可能です。一括査定の利点は、高く買取ってくれる所を見つけられる点だけではありません。愛車の買取相場を知れる点にあります。

どれくらいで売れるのか、相場が分からなければ業者から提示された査定額が高いのか安いのか分かりません。ですが一括査定を受けておけば、複数の業者からの査定が知れますので、ある程度の相場が見えてきますので、査定してもらう際「他では○○円だった」と自ら仕掛ける事が出来ます。

仮に値段を告げられた業者が本気で買取ろうと思ったらそれ以上の額を提示しなければなりません。

相手業者の反応や姿勢を見る上でも相場を知っておいて損はありませんし、オンラインからの申し込みで手間もかかりませんので、一括査定は受けておいた方が良いのです。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ