使い勝手最高!キャンパーに大人気のトヨタ・ハイエースバン その査定は?

車の人と物を積む能力をとことん突き詰めて行けば真四角な形に辿り着きます。そう、そのかたちはハイエースそのものです。

アウトドアブームが盛んな現在、ハイエースバンが一大ブームとなっています。それは、極限まで高められた積載能力が、キャンプなどでの最大限に生かされるからなのです。

ちょっとした、改造で車中泊も簡単にこなせさらに本格的な改造を施せばもはやこれほどキャンプに適した車は存在しないでしょう。

あなたの愛車のハイエースバンもすぐトヨタへ下取りに出さずに、ちょっと査定を調べてからにしましょう。ズバリ「相場の星」なら速くて簡単!

現行モデル(H200系)2005年

ボディースタイルは、使い勝手の良いスクエアーな4ドアまたは5ドアのミニバンで、ロング・標準幅・標準ルーフ(バンDX・スーパーGL)、ロング・標準幅・ハイルーフ(バンDX)、ロング・ワイドボディー・ミドルルーフ(ワゴンDX)、スーパーロング・ワイドボディ・ハイルーフ(バンDX、ワゴン、グランドキャビン、コミュターDXほか、)。

標準幅は、5ナンバーサイズに収まるので、貨物扱いの4ナンバーとなり毎年車検を受けることになりますが業務用のため格安車検が受けられます。ちなみに、コミュターDXは4列シート14人乗りなので中型免許が必要です。

バン・スーパーGLが2人または5人。バン・バンDXには3列シートで8人乗り、9人乗りもあります。

さすが、人と荷物を運ぶのにたけている車です。積載量は、驚きの1t=1000kgです。1袋25kgのセメントをなんと40袋も積めちゃいます。プロボックスなどの業務用バンの積載量が400kgなので積載量はなんと驚きの2,5倍も積めちゃいます。

ドライビングポジッションは、まるでたらいを回すようなトラック感は否めませんが先代モデルよりも遙かに進化した足回りは、新たに設計し直されたエンジンと相まって絶妙なドライビングプレジャーへ導いてくれること間違いなしです!

ボディーデザインは、個人ユースも考量されてふんだんにメッキパーツが使用されています。とても、商用車のようにはみえない豪華さが現行モデルにはありますね。

ハイエースの査定と人気

キャンパーなどSUVの指向が高いユーザーから絶大なる支持を受ける現行ハイエース直近5年ものの査定は、約120~230万円です。駆動方式は、4WDのほうが高い査定で売却可能です。

現行モデルよりも前の4代目ハイエースの15年前のものでも約30~50万円の査定価格が付くので売る事を考えているのであれば、ハイエースなどのミニバン専門店への査定をお勧めします。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ