楽に行こうよ、ラクティス!の査定は?

トヨタの若者車と言えば、ズバリ「楽に行こうよ、ラクティス!」のCMが大ヒットした、コンパクトトールワゴンのラクティスです。

ちょっと前までは、ゆずと綾瀬はるかちゃんが「楽に行こうよ、ラクティス!」のCMをやっていましたが、現在では若者に人気絶頂バンド・セカオワが自らの楽曲「スターライトパレード」をCMソングにして楽しくて軽快なCMになっています。

最近の若者は、一人たたずむこともなくみんなでワイワイやるのがとても好きなので、若者にもミニバン風のコンパクトトールワゴンが非常に良く売れています。

あなたの愛車のラクティスをトヨタに下取りを出す前に、「相場の星」で査定価格を簡単に検索してみませんか。

初代(2005~2010年)

ファンカーゴから一新されたニューモデルとしてデビューしたのが初代ラクティス。かなり走りを意識した装備を搭載して若者にアピールしました。ミッションは、CVTのパドルシフトが奢られたのですがこれはトヨタ初となるアイテムなのです。

エンジンは、1300ccと1500ccでヴィッツと共通。駆動方式はFFと4WDがあり、後席シートは簡単に折りたため広大な荷室が出現するのは先代ファンカーゴと同じ。

中古車も球数が多くやはり人気が高いのは若者層からです。

2代目(2010年~)

現行モデルとなるのが2代目。ラクティスの基本コンセプトはそのまま受け継がれ、テールランプやヘッドライトのデザインが今風になっています。

一見先代モデルとそう違いはないように見えますが、かなりの部分で変更されているのです。ホイールが4穴から5穴となり、4WD機構はそれまでの生活4WD的なものから最新式の電気制御にあらためられました。

搭載エンジンの変更はないもののより省燃費エンジンにチューニングされています。
CVTやパドルシフトもちゃんと継承されているのはもちろんです。

査定は?

現行モデルの2代目ラクティスで約40~140万円です。初代ラクティスは、約5~40万円でしょうか。人気があるのは現行車。モデルチェンジされれば人気も変化するので売却は早めのほうがお得でしょう。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ