オデッセイその気になる査定価格とは?

ホンダ・オデッセイと言えば、前モデルまでは後席にスライドドアを使用しないであえてヒンジ式にして、3列シートの背の低いミニバンブームを作ったパイオニア的存在でした。

3代目までは、まさに破竹の勢いで販売台数を伸ばしていきましたがさすがに4台目モデルのころには、車高の高くて後席スライドドアの正統派ともいえるライバルに圧倒されて販売は低迷しました。

このまま、モデル消滅の噂もありましたが、高級ミニバンのエリシオンが生産終了となったため、その役がオデッセイに来たのです。今までのオデッセイのアイデンティティーだった後席ヒンジドアに別れを告げ後席スライドドアで現行モデルは・発売されたのです。

ホンダ首脳陣の心配もまったく問題なく現行モデルは大ヒットしています。オデッセイを下取りに出す前に、査定相場でチェックしてみましょう!「相場の星」で簡単検索OK!

さすがに、初代と2代目モデルは年式が古いため売るのは難しいです。中古車として売却出来るのは3代目以降のモデルとなります。

3代目(RB1・2 2003~2008年)

ミニバンなのに、立体駐車場に入れるほど車高が低いモデルです。先代モデルからさらに走りに振ったエンジンは2400ccに一本化され、標準仕様は160PS。走りのアブソリュートは200PSにCVT(7速MTモード付)の走りの楽しいモデルです。

買取価格は、約1~28万円です。高査定は、モデル末期の2008年式で走行距離が7万km台のものや特別仕様車などです。

4代目(RB3・4)2008~2013年

3代目モデルをキープコンセプトにして正常進化したモデルです。モデルとしてはより進化して熟成されているのでとても良いのですが、オデッセイの人気にも陰りが見えてきたのか、ホンダが期待した以上に売れませんでした。

中古車人気もそれほど高くはないので、早めの売却をお勧めします。査定相場は、約90~280万円です。

5代目(RC1・2)2013年

歴代モデル初となる後席ドアが両側スライドドアとなりました。それに伴い車高も立体駐車場には入らない車高(1685mm)となってしまいました。搭載エンジンは、3代目から続く2400ccで走りの楽しいミニバンとなっています。

発売されて間もないので査定相場はまだありません。しかし、店頭に並ぶとすぐに売れてしまうので高額査定を期待してください。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ