ホンダ軽自動車販売の稼頭N-BOXその査定は?

ホンダが快調な販売を続けている軽自動車。その根幹をなしているのがNシリーズです。

N-ONEに始まり、N-BOX、N-WGN、、、それまでのホンダの軽自動車をまさに一変させたのでした。

企業としては、かなり冒険したと思われます。しかし、見事にホンダの思惑どおりにうまく一新することに成功。

NシリーズのNはホンダがバイクから四輪の車に進出した頃に大ヒットを記録した軽自動車のN360にちなんだものです。

他には、CMでもやっていた乗り物のN、新しいのN、日本のN、NextのNとNには4つのホンダの思いが込められているのです。

2011年当時のホンダの軽自動車販売は、OME車を販売する日産よりも下でした。自社開発して売っているメーカーとしてはなんとも歯がゆい思いをしていたのでしょう。N-BOX販売後は、見事に日産を追い抜き軽自動車販売ではトップ3!

Nシリーズのなかでも、N-BOX+やN-BOX/ など派生車種を増殖中のN-BOXはまさにNシリーズ最強のべースモデルと言って良いでしょう。

あなたの愛車のホンダ・N-BOXの査定相場を調べませんか?下取りに出す前 に、価格を確かめると、、、驚くべき事実が、、あるかも?知れません。相場を調べるなら、ズバリ「相場の星」。

初代目N-BOX(2011年 現行モデル)

軽自動車市場で、もっと販売台数を稼ぐために開発されたのがN-BOXです。それまで、ホンダの軽自動車で手薄だったハイトワゴンに照準を絞って市場投入されました。ホンダの思惑は見事にあたり翌年は軽自動車ハイトワゴンのなかでは一番の販売台数となり大ヒットしたのです。

プラットホームは、従来の商用バンのアクティなどから流用しないで独自開発したものです。フィットで使われたセンタータンクレイアウトをホンダの軽自動車では初めて採用しました。それにより、荷室は大きくなり大人が乗る27インチサイズの自転車でも簡単に積み込むことが可能となりました。

搭載エンジンは、直3DOHC660ccですが、ホンダが初めて販売したDOHCエンジン搭載のT360以来となります。しかも、T360は2バルブだったのが4バルブと高性能化されたのです。

駆動方式は、FFと4WDでミッションはCVTのみです。街中で使うには、NAの660ccでも十分ですが、車重が930kgとコンパクトカー並なの長距離ドライブや高速道路走行が多い方にはターボ搭載車をお勧めします。

N-BOXの査定

新車でもとても人気が高いので、中古車となってもすぐに売却可能です。マイナーチェンジやニューモデル発売時期などに注意して売るのが良いでしょう。

ズバリ査定価格は、約70~144万円です。人気は、ターボ搭載車やカラーリングではツートンカラーモデルの人気がとても高くなっています。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ