三菱を代表するクロカン四駆 パジェロ その査定?

三菱を代表するクロカン四駆。現行モデルは、2006年にモデルチェンジされた4代目。

前モデルの3代目のボディーデザインはフェンダーを盛り上げたマッチョなボディーラインでしたがあまり評判がよくなかったことから反省し、シリーズで一番ベストセラーとなった2代目風なデザインに変更されました。

ツートンカラー仕様は思わず2代目パジェロを思い出して懐かしささえも感じられてしまいます。現行モデルは、もっともパジェロらしいオーソドックスなボディーデザインで安心出来ますね。

ボディータイプは、シリーズに共通するショートとロングです。ショートタイプは運動性能の向上を狙い200kgもロングに比べ軽量化されています。

グレードは、ショートVR-Ⅰには3000ccV6・SOHC(178PS)。VR-Ⅱには3800ccV6・SOHC(249PS)とディーゼルエンジンの3200cc直4・DOHC(DI-D 190PS)

ロングGRには、3000ccV6・SOHC(178PS)とディーゼルエンジンの3200cc直4・DOHC(DI-D 190PS)。ロングEXCEEDには3000ccV6・SOHC(178PS)とディーゼルエンジンの3200cc直4・DOHC(DI-D 190PS)。ロングSUPPER EXCEEDには3800ccV6・SOHC(249PS)とディーゼルエンジンの3200cc直4・DOHC(DI-D 190PS)。

駆動方式は、すべてのグレードで三菱が世界に誇る電子制御式4WD「スーパーセレクト4WDⅡ」搭載でどんな悪路も物ともしません。前後の駆動比率を適正に配分し、直結4WDや2WD(FR)に切り替えも勿論可能。

駆動方式は、4速と5速のATに5速MTがあります。あなたの愛車のパジェロの価値を下取りに出す前に調べてみませんか?「相場の星」なら、分かりやすいですよ。

4代目パジェロの査定相場は?

登場からもう8年にもなります。パジェロのニューモデルは2015年秋頃発売されるようですね。売却するならニューモデルが発売される前までです。新型が出てしまっては査定価格は、がっくり落ちてしまいますので注意が必要です。

査定相場は、約90~310万円です。やはり高価査定はグレードの高いスーパーエクシード。それに燃料代の高騰からクリーンディーゼルエンジン搭載車の人気も高いものがあります。

先代モデルの3代目は1999年~2006年の期間発売されていました。特徴的なところは、シリーズ最大のボディーサイズです。現行モデルでは、シェップアップされて少し小さくなっています。

シャシーは初代・2代目とは違い進化してラダーフレームインモノコックボディーとなりボディー硬性はさらに良くなっています。ボディータイプは、ロングとショートの2種類。初代・2代目にあったバン仕様は消滅しました。

グレードは、ZR・ZX・EXCEED(Ⅰ・Ⅱ)・スーパーEXCEEDと、ロングだけでなくショートにもEXCEEDの設定がありました。ガソリンエンジンが、3000cc、3500cc、3800ccのV6が3種類。ディーゼルターボエンジンの直4DOHCの1種類です。

電子制御式4WD「スーパーセレクト4WDⅡ」は、3代目パジェロから搭載されたものです。ミッションは、4速と5速ATに5速MTが選べます。

3代目パジェロの査定相場は?

新車価格で、約260~470万円もした、3代目パジェロですが、いまなら中古車価格で安いものならば約120万円ほどで売られています。

クロカン4WDには、人気の高いパジェロ。しかし、市場全体をみればかなりマニアックで量的にはかなり少ないでしょう。

通常ならば10万km以上の走行過多の車はよっぽどの高級車しか買取されませんがクロカン4WDは30万km走行も珍しくないので十分買取してもらえると思います。査定相場は、約10~120万円です。

やはり、人気も緩やかに落ちてますので来年秋の新型デビューする前には売却した方がお得でしょう。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ