中古車査定に必要な協会の資格とは?

中古車査定をする時に必要な資格

中古車を査定するのは一般財団法人日本自動車査定協会の検定試験で資格をもつ、中古自動車査定士が行います。中古自動車査定士は、2種類あります。一つは小型車査定士と大型車査定士です。

協会の試験をうけるには受験資格が必要となります。小型車査定士の受験資格は普通運転免許を保有していること、大型車査定士受験資格は大型第1種免許以上をもっていることです。

中古車査定士の試験は学科試験と実技試験があります。学科試験は中古自動車の査定制度とは、中古自動車査定の基準と加点・減点基準法、自動車の構造、機能の扱い、保安基準と車に関する法規、その他に査定に必要な事項です。

技能試験には年に1回、種類別で各都道府県の協会支社ごとの試験を行います。それで両方の試験が合格基準に達した時初めて中古自動車査定士の資格が得られるのです。このような感じで自分の車の査定が行えますので、こちらからどうぞ

査定士になるための難易度や概要

中古自動車査定士の試験難易度は、比較的優しく、普通に勉強をしていれば取りやすい資格の一つでもあります。しかし小型車査定士では普通自動車の運転免許、大型車査定士は大型1種以上を取得していなければいけないので、車が運転出来るのが大前提の試験でもあります。

また受験資格を得る為に協会に提出しなければいけない書類や資料が通常の試験よりも多く、それらの書類を用意するのも大変だったりします。

小型車査定士の認定料金は16800円もするので、出来るだけ1回で合格しておきたい試験ですよね。
試験の難易度自体はそれほど難しいものでもありませんので、きっちり勉強しておけば通りやすい試験であるとも言えます。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ