エルグランドは、初代モデルからベストセラー その買取は?

日産が誇る、ミニバンフラッグシップモデルです。初代モデルから絶大なる人気を獲得してミニバンブームを引き起こしたモデル。

2代目モデルは、2002~2010年までの8年間も発売された一大ロングセラー。エルグランドと言えばまずは2代目モデルのフロントマスクを思い浮かべるか方が多いことでしょう。

2代目エルグランドは、中古車市場の中心的存在となっています。FRベースのテラノのプラットホームを流用しているので駆動方式は、FRです。

前モデルでは後輪ドラムブレーキから4輪ディスクブレーキとなり絶大なるストッピングパワーを得られました。

搭載エンジンは、V6・3500cc(240PS)と2500cc(186PS)と、どでかいボディーをなんなく加速する強心臓です。さらに使い勝手も考慮され前モデルにはなかった両側スライドドアが採用されました。

駆動方式は、FRと4WD。ミッションは5速ATのみ。グレードは、V・VG・ハイウエイスター・X・XLの5グレード。

2010年に、バトンタッチされた現行モデルの3代目エルグランドは、それまでのFRベースのシャーシからFFベースのシャーシに移行しました。

現行モデルから、駆動方式はFFと4WDになります。4WDは、より高度なオフロード走行が可能になるオールモード4×4と、SUVモデルのエクストレイルと同じ方式が採用。

搭載エンジンは、余裕有る走りが出来るV6・3500cc(280PS)と経済的な直4・DOHC(170PS)の2本立。ボディーデザインは、押し出し感がとても強いフロントマスクは、さらにアクが強くなった感じがします。

装備としては、世界初の中折れ式キャプテンコンフォータブルシート(2列目)や、ワンタッチオートスライドドア、空気圧警報システム等々、ライバルのトヨタ・アルファードに負けじと豪華な装備が満載されています。

貴方の愛車の日産・エルグランド。下取りに出してしまう前に売却の相場をみてみませんか?
ズバリ「相場の星」ならすぐ見られます!

エルグランドの買取相場は?

中古車の中心は2代目モデルです。初代モデルは高年式・多走行車が多いので、売却はまず無理。

買取されるのは、2代目モデルからとなります。2代目の買取相場は、約50~150万円。4WDの方が、査定額は高くなります。

現行モデルの買取査定は、とても高く約150~380万円となります。ライダーやハイウエイスターなどの上級グレードや特別装備車。V6・3500ccは高値で売ることが可能です。

まずは検索をしてみよう!

ズバット車買取

おすすめの理由

  • 累計利用者数は、100万人以上という実績のあるサービス。車を売るのが初めての方も安心してご利用出来ます。
  • 地域密着型の中小業者まで、211社が参加。その中から最大10社に一括査定をすることが可能です。日本最大級の規模の中古車一括査定サイトです。
  • 迅速な対応により車の売却に時間がかからない。その上ユーザーの負担が少なく楽に買取業者を比較して、車を売却できます。
  • お問い合わせ専用の電話番号を用意しており、利用者のサポートも充実しています。
  • 申請すれば、電話連絡不要でメールでのやりとりが可能です。

⇒ ズバット車買取で無料一括査定をする

かんたん車査定ガイド

おすすめの理由

  • JADRI(日本自動車流通研究所)が認めた買取店(優良店)だけが登録しています。 (悪徳業者は排除されています。)
  • 申し込みが簡単、約30秒で完了します。
  • 買取相場がすぐに表示されます。
  • 最大10社から一括査定が可能です。

⇒ かんたん車査定ガイドで無料一括査定をする

Goo買取

おすすめの理由

  • 個人情報は「郵便番号」と「メールアドレス」のみを伝えればよいです。
  • 査定をお願いする車買取業者をサイトの情報を通じて、自分で選べます。
  • 営業の電話がかかってこないです。
  • 登録するだけで売りたい車の今と今後の相場もわかります。

⇒ Goo買取で無料査定をする

車査定比較.com

おすすめの理由

  • 全国75万台の過去の取引データを元に車査定価格を申し込み後すぐに知ることが可能です。
  • 評判の悪い口コミが少ないです。
  • 査定依頼の際にメールでのやりとりが可能です。

⇒ 車査定比較.comで無料一括査定をする

楽天オート

おすすめの理由

  • 成約時に楽天ポイントが1500ポイント付与されます。
  • 楽天の口コミが見れて、評価の悪い車買取業者との交渉を拒否することが出来ます。
  • サイトに申し込むだけで、5ポイントの楽天ポイントが付与されます。

⇒ 楽天オートで無料一括査定をする

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ