キャンパーたちに大好評 日産キャラバン その査定は?

アウトドアブームから、キャンプを楽しむ人たちが増えています。そんな、キャンプを楽しむ人たちが選ぶ車はやはり荷物と人がちゃんと乗る車でしょう。

ミニバンはもちろんのこと以前は仕事用の商用車であったトヨタ・ハイエースや日産・キャラバンなどの荷室が大きい車はキャンパーたちに大好評です。

その理由は、ミニバンにはない税金の安い商用4ナンバーや車中泊で使う荷室など改造のしやすさなどからでしょう。

以前では、全く考えられない事ですね。昔から、このサイズの車はトヨタ・ハイエースと日産・キャラバンの独占市場になっています。台数的には、圧倒的にハイエースが多いのですがライバルのキャラバンもハイエースの牙城を崩すべく猛追しているのです。

ライバルがあってこそ切磋琢磨していいものとなって行きますので、これからも注目したい二台ですね。特にキャラバンはハイエースに追いつき追い越せの押せ押せムードなのでもモデルチェンジしたキャラバンはお買い得感満載です。

あなたのキャンプの相棒・日産キャラバンの価値を見て見ませんか?下取りに出す前 に、相場を確かめておきましょう。相場を調べるなら「相場の星」。

5代目キャラバン(NV350)

現行モデルは、2012年からの発売。ハイエースを猛追するために市場に送り込まれたまさに刺客のような存在です。開発時には、すべての性能面でハイエースを上回れとまるで戦時中のゼロ戦開発のような檄が飛ばされたのです。

ボディースタイルは、ロングボディーと標準ルーフ。4ナンバーのバンと3ナンバーのワゴンと14人乗りのマイクロバスがあります。

ボディーの長さは3タイプあり、標準仕様の4695mm、ロング仕様の5080mmそしてスーパーロングボディーの5230mm。搭載エンジンは、ガソリンエンジンの2000ccと2500ccの直4。ディーゼルエンジンは2500cc。

特別仕様車としては、キャラバン初となるオーテックジャパンが手がけるライダーがあります。そのほかにも、クロムギヤパーケッジバージョンブラックなどの特別仕様車があり人気も高くなっています。

ミニバンやキャンプ人気も収まる様子がないので当分の間は高い人気を維持して行くでしょうね。買取価格は、約140万円でしょうか。

4代目キャラバン(E25) 2001~2012年

11年間も販売された息の長いモデルでした。街中でよく見かけるキャラバンもこの型が多いですね。中古車市場もこのモデルが中心となります。

ボディースタイルは、ロングボディーとスーパーロングボディー。バンとマイクロバス(12人乗り)。標準ルーフとハイルーフ仕様の2種類。

販売期間も長かったので、ガソリンエンジンは実に多彩です。2000ccが3種類と2500cc1種類。デーゼルエンジンは、3000ccのNAとターボ付きの2種類。

人気があるのはやはり特別仕様車。スーパーGX・DX―Vリミテッドなど人気が高いです。査定は、約5~120万円です。

買取されるのは、10年前のモデルでしょうか。それ以前のモデルを売るのはかなり難しいかもしれません。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ