今、若者に一番人気の日産・キューブ。査定して売るなら、早めがお得!!

今年成人した若者にアンケートしたところ一番人気だったのが、日産・キューブ。角が丸くなってしまった現行モデルよりも、よりスクエアーなデザインの先代モデルの方が人気が高いのが特徴的です。

2代目(Z11)2002~2008年

基本コンポーネンツは、兄弟車のマーチと同じ。搭載エンジンは直4DOHCで、2代目は当初1400ccを搭載し、マイナーチェンジ時に1500ccも追加されました。

現行モデルは1500ccのNAエンジンの単一エンジンのみとなっています。コンパクトカーでありながら、同時期に販売されていた高級セダン・ティアナと同じように車内を落ち着いた雰囲気に満たしてくれる高級感溢れる特別仕様車が、多数設定されていました。

ミッションは、CVTと4速AT。特に、エンジンはスポーツ仕様でないのになぜかスポーツモードでMT操作も出来るエクストロニックCVT-M6と呼ばれるスポーツタイプのCVTが備わっていました。

駆動方式は、FFとe-4WD。e-4WDの後輪の駆動は電動モーターを使用してゼロ発進から、約30kmでFFに切り替わる言わば補助的な4WDですが、やはりFFに比べると格段に冬道での運転が楽になっていることがわかります。

3列シート仕様で7人乗りのキューブキュービックも初代キューブモデルで販売されましたが、残念ながら現行モデルには設定がありません。初代キューブのデザインが好きでどうしても3列シートが欲しい人には、喉から手が出るくらい欲しいでしょう。

現行モデル・3代目(Z12・NZ12)2008年

大成功した、2代目のスタイリンリングを踏襲したキープコンセプトモデル。しかし、ボディーサイズは前モデルに比べ全長は16cm延長され、全幅は、25mm拡大され、全高は1cm高くなった。ボディーは拡大されたがまだまだ5ナンバーサイズに収まるコンパクトカー。

ボディーデザインは、先代モデルに比べるとかなり角が取れて丸くなった印象。搭載エンジンは、1500cc直4・DOHCのみ。ミッションは、CVTのみとなっています。

日産が誇る先進のアイドリングストップなどのエコ技術や衝突軽減ブレーキなどもそうびされているのは言うまでもありません。

初代モデル (z10)1998~2002年

爆発的な大ヒットとなった初代キューブ。さすがに、街中で見かけるのは珍しくなってきました。初代モデルの買取査定は、残念ながらゼロです。年式に加えデザインも古いので売却はまず不可能と思って下さい。

あなたのキューブの査定を、是非とも査定に出す前に見て見ませんか?
簡単検索なら、「相場の星」で!

買取相場の傾向

キューブの中古車市場の中心は2代目と現行モデルの3代目になります。高値で買取査定されるのは、現行モデルの年式が新しく走行距離が少ない物です。

買取金額は、約30~145万円となります。平均価格は約55万円。2代目モデルの後期型の2007年式で走行距離が7万kmで最低の30万円。それ以上の年式で走行距離が多いキューブはさらに安い売却価格となるでしょう。

高価査定は、もちろん現行モデルで走行距離が少ない、特別仕様車や人気のライダーなどは高額売却が可能です。

キューブの新型情報はまだ聞かれませんので、急激な相場の変化はありませんが、現状としては人気は下降の一途をたどっているので、売りたいと思ったら早めの売却の方がお得でしょう。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ