日産が「本気」を見せた軽自動車、デイズの特徴と査定でのチェックポイント

日産 デイズは日産の軽自動車の主力でしたが、三菱自動車の燃費不正問題のおかげでいろいろな影響が出ています。それらを含めて査定等をチェックしてみるとしましょう。

日産 デイズってどんな車?

日産 デイズが登場したのは2013年6月。

普通乗用車よりも軽自動車の存在感が高まっている中で、日産は軽自動車はすべでOEMで調達していました。

主にスズキと三菱から調達していたのですが、スズキの売れ筋軽自動車はマツダにOEM提供していたため、日産はそこまで売れ筋モデルを回してもらえませんでした。

日産としても軽自動車をテコ入れしたいと考えていましたので、OEMを受けていた三菱自動車と水面下で協議を続け、「NMKV」という合弁会社を設立する事になりました。

そこから登場した日産バージョンがデイズです。三菱自動車からは同じモデルが「ek ワゴン」として登場しています。

日産が企画、開発、デザインから携わった初めての軽自動車でもあり、軽自動車の主流でもあるハイトールワゴンに低燃費という事で一定の売り上げを記録していたのですが、三菱自動車の燃費不正問題に絡み、2016年4月から三か月程販売中止となってしまいましたが、7月より販売再開されています。

全長×全幅×全高 3395×1475×1620mm
室内長×室内幅×室内高 2085×1295×1280mm
ホイールベース 2430mm
車両重量 830kg
新車価格帯 1,150,200円~1,684,800円円

日産 デイズを売りたい!査定でのチェックポイントは?

査定ポイントは走行距離と年式、そして型番です。

2013年3月に登場しましたが、2015年の10月にマイナーチェンジが行われました。

ドライブトレインには変化はないのですが、ハイビームアシストやエマージェンジーブレーキ等の安全装備が標準装備となりました。

リアコンビランプもLEDのシグネチャーランプとなるなど、微妙に装備が豪華になっています。

装備の魅力というよりも、単純に新しい方が高く売れますので、マイナーチェンジ後の方が査定は高いです。基本的に「新しい方が高い」と考えてよいので、あまり自動車に詳しくない人でも分かりやすいです。

日産 デイズの買取相場も知っておきたい

日産 デイズの買取相場に関しては、少々難しくなっています。三菱自動車の燃費不正問題に絡み、どうしても需要が落ち込んでしまっているのです。

日産側にはほとんど非はありませんが、デイズのユーザーに対しても補償金を用意すると発表するなど、前代未聞な出来事なだけに、NMKVとしてもどのように対処すれば分からない状況となっているようです。

実際、事件発覚直後は買取相場は下落しました。

消費者感情として、「不正のあった車など乗りたくない」との気持ちが先走ってしまいましたので、中古車市場に於いても影響が出てしまったのです。

事件発覚前よりはどうしても落ち込んでしまっているものの、2016年7月には販売再開となり、徐々にではありますが相場も高くなっています。

J 230,000円~410,000円
S 260,000円~600,000円
X 370,000円~790,000円

日産 デイズの人気グレードは?

買取に於ける人気グレードはハウェイスターです。

ハイウェイスターは日産のミニバンに冠されるグレードですが、デイズでもこちらのグレードが用意されています。

どの自動車メーカーも固定ファンを抱えていますが、日産ファンにとってハイウェイスターは特別なものです。

それまでは軽自動車に興味なかったものの、日産が出したならという事で興味を持ったドライバーもいるほど。

そのため、こちらは人気グレードとなっています。また、特別限定車でもある「ライダー」も人気です。

こちらの中でもハイウェイスターをベースにしているタイプは少々値段も高めに設定されているのですが、よりアクティブに走りを楽しみたい人や、自動車をドレスアップして楽しみたい層からの人気が高いので、買取相場も高いです。

ハイウェイスター 340,000円~1,010,000円
ライダー 430,000円~1,210,000円

日産 デイズをより高く売るためのコツは?

より高く売りたいのであれば、オンライン査定を受けると良いでしょう。

むしろ、まだまだデイズの買取相場は不安定です。

買取業者側としてもどのくらいで値付けして良いのか分からない部分もあるでしょう。

そこでオンラインによる一括査定です。

幅広い値段が出てくる事が予想されるのですが、そこから大まかな相場が見えてきますので、交渉材料にするのも良いですし、そこで一番高額な業者に買取ってもらうのも良いでしょう。

相場が分からずに手放すのが一番やってはいけない事です。後から「もっと高く売れたのに」と思っても後の祭りです。一括査定は無料で行えますので、手間もかかりません。

受けておけば後になって「もっと高い業者が見つかるなんて」とはなりません。業者でさえ値付けが難しいモデルです。

自分の足で高値買取の業者を見つけようと思ったらとんでもない労力がかかりますので、スマートフォンからでも手軽に出来るオンライン査定を活用すると良いでしょう。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ