日産が目指した高級コンパクトカー 日産 ティーダ その買取価格は?

2004年に、日産のハッチバックモデルのパルサーの後継モデルとして登場したティーダ。

兄弟車のティーダ・ラティオはセダンでサニーの後継モデルにあたります。日産が目指した高級コンパクトカー。

トヨタでも、かって目指した小さな高級車プログレや現行モデルのSAIも販売面ではあまり芳しくありません。小さな高級車を標榜して販売された国産車で爆発的なヒットとなった車は残念ながらありません。

日産が目指した高級コンパクトカー路線も、見事にあてが外れてしまいティーダは初代モデルのみで生産終了の憂えき目にあっています。

まぁ、似たようなコンセプトのノートがあるので日産で整理したのでしょう。

搭載エンジンは、1500ccと1800ccの2種類があったのでノートよりティーダのほうがも豪華装備であったのかもしれませんね。

あなたのティーダを下取りに出す前にいくらで買取されているか査定の相場を調べてみませんか?
検索するなら、ぜひとも「相場の星」で!!

初代ティーダ 2004~2012年

「コンパクトの質をシフトする。」や「コンパクト・ミーツ・ラグジュアリー。」などの高級感を全面的にアピールしたティーダ。約8年間もの長きに渡り販売されました。

ボディーサイズは、狭い道路が多い日本の事情を考量して全幅1695mmを守り5ナンバーサイズ。インパネや内装は同時期の高級セダン・ティアナにも負けない高級路線で本革シート仕様も用意されたのです。

後席は、スライドしてその移動量は240mmにも達して日産・シーマにも迫る後席の広さを獲得しました。

搭載エンジンは、1500ccのみならず1800ccの余裕の排気量も用意されて、駆動方式はFFと4WD。4WDは、日産が日立と共同開発した後輪が電気モーターで駆動されるe-4WDが採用されています。ミッションは、4速ATとCVT。一部グレードには、走りの5速MTもありました。

人気と相場

日産の車に共通する質実剛健なティーダ。車自体の出来はとてもよく、所有していてもその造りの良さから飽きのこないとてもいいモデルとなっています。しかし、ライバルに対してまったく華がないのは残念。

なので、売却価格もあまり良いとは言えません。査定は、最近の5年間で約20~90万円。モデル初期の2004年式で走行距離が10万キロ以上ともなると売る事が不可能かもしれません。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ