日産のスーパースポーツGT-Rその買取額は?

日産が世界に誇る、スーパースポーツ「GT-R」。歴代スカイラインのフラッグシップであったGT-R。初代スカイラインGT-Rは、KPGC10です。直6DOHCエンジンのS20が搭載されました。

それから、R34が生産終了されるまで直6DOHCエンジンが踏襲されました。(R32からは、ターボ搭載されDOHCターボエンジンですね。)

R34以降も、スカイラインシリーズは、途絶えることなく日産を代表する車として残っていますが、スカイラインのグレードからはGT-Rは一時途絶えることとなりました。

栄光のGT-Rが復活するのは2007年。スカイラインの一グレードとしてではなく独立したスーパースポーツモデルとして復活したのです。

相場の星」で、貴方の日産・GT-Rの売却価格がどれくらいの価格なのか?知って見たいと思いませんか。日産に下取りに出す前に是非、検索して下さい。

GT-R(2007年~現行車)

セダンボディーのスカイラインとはまったく別に開発されました。技術の日産のフラッグシップスーパースポーツは、サーキットやドイツのアウトバーンで最高の走行性能が得られるように作られたのです。

もちろん、スポーツ走行から街乗りまであらゆる状況で最高のパフォーマンスが得られるような仕上がりとなっています。

ボディースタイルは、スカイラインGT-Rより受け継がれる2ドアクーペのみ。リヤテールは、スカイラインの証しの丸形テールランプが採用されています。

駆動方式は、FR駆動ベースの4WD(アテーサE-TSの改良版)。ミッションは、6速DCTです。

GT-Rは、毎年改良される年次変更が行われています。なので、年式によって査定には差がつきます。

タイヤ交換などのメンテナンスは、日産のディーラーでないと出来ないなど維持費を安く済ませることが無理な部分もあるのでそれなりの収入とGT-Rに対する熱い思いがないと乗り続けるのが難しい車です。

GT-Rの人気と査定?

GT-R神話とでも言うべき根強い人気があります。新車価格は、約930~1550万円ずば抜けて高く、中古車では約半分の約450~1230万円といくらか購入しやすくなってはいます。

中古でいいから、GT-Rをほしがるユーザーもいることでしょう。

査定は、2013年式で走行距離が1万キロのものが約600万円で、2007年で走行距離が10万キロ以下のもので約180万円で売る事が可能です。もちろん、標準仕様車よりも、特別仕様車などのほうが査定が高いのは言うまでもありません。

フルモデルチェンジの噂も、今のところないのでしばらく相場は安定した状態で経過するでしょう。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ