日産・ムラーノ 日産が世界に販売するクロスオーバーSUV その買取は?

日産・ムラーノは、全世界に輸出されているグロバルカーで、日産が世界に誇るクロスオーバーSUVなのです。販売当初は、北米のみでの輸出専用だったのが、2003年東京モーターショーで大反響を呼んだため翌年国内販売が開始されました。

車名のムラーノとは、イタリアはヴェネチアのムラーノ島に由来があります。イタリアの伝統工芸品であるムラーノガラスから付けられました。ムラーノのその伸びやかで優雅なスタイリングから、繊細で美しい伝統のヴェネチアングラスの産地から命名されました。

日産ではクロスオーバーSUVと呼んでいますが、レンジローバーやラウンドクルザーなどのラグジュアリーSUVのカテゴリーにいれても差し障りはないと思われます。むしろ、レンジローバーなどを正当派とするならばムラーノは新しい形のラグジュアリーSUVでしょう。

下取りに出す前にラグジュアリーSUVのムラーノの価値を調べませんか?「相場の星

◇ 初代ムラーノ Z50 2002~2008年

独創的なスタイリングのムラーノは2004年グットデザイン賞を受賞した秀逸なデザインです。ベースとなったのは、セダンのティアナと同じシャーシで、足回りもほぼ同じモノを使用しています。

搭載エンジンは、V6・3500ccと直4・2500cc。駆動方式はFFと4WDがありミッションは6速マニュアルモード付6速ATと通常の4速AT。全世界で50万台販売し国内での販売は約4万台と圧倒的な輸出専用車です。

特別仕様車「モードブラウンレーザー」「スアイリッシュレーザー」や期間限定仕様車「カベルネ」「アルテ-ロッセ」「アルテ・ビアネロッソ」など多数存在します。もちろん、特別仕様車や、期間限定車の査定は高査定になるようです。グレード名は、イタリア語になっていますね。日産のこだわりが伺えます。

2006年よりも年式の古いモデルを売る事は難しいかもしれません。2006年よりも後期型で走行距離が少ないものならば売却出来るでしょう。FFよりも4WDならば若干高査定になるようです。

相場は、約60~80万円です。

◇ 2代目ムラーノ Z51 2008~2014年

ベースとなったシャーシは、今回もセダンのティアナと同じです。搭載エンジンと駆動方式は先代と同じですが、新しいシャーシが採用されたことによりボディー硬性は前モデルの1.5倍にもなり、一新された足回りからはさらなる高い走行性能を獲得したのです。

4WDシステムはエクストレイルと同じ電子制御方式となりより先進的になりました。スタイリングも、先代モデルのキープコンセプトですがより洗練さたのです。輸出仕様には、オープンカーの設定がありましたが、残念ながら国内での販売はありませんでした。

特別仕様車には、「モードビアンコ」「モードロッソ」「モードビアネロ」などがあります。2代目には、期間限定車の設定はなかったようですね。

今秋には、新型が登場する予定なので、もはや現行車は、在庫整理状態です。新モデル販売と同時に現行型の人気は落ちますので売却を考え中ならば早い時期がよいでしょう。

相場は、約115~220万円です。高額査定は、4WDや特別仕様車となります。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ