SUV販売台数ナンバーワン 日産・エクストレイル その買取は?

日産サファリ・テラノ亡き後、今や日産を代表するSUVと言えばエクストレイルで決まりですね。初代登場時から、スノーボードやカヌー、マウンテンバイクなどアウトドアスポーツを全面に押し出したイメージのCMでアピールしてきたのでとてもオフロード色が強い印象が持たれるエクストレイル。

しかし、はしご形フレームを使用した先代モデルとは違いハードクロカン4WDのような川を渡るような荒技はとても無理。雰囲気を楽しむSUVとしては十分合格点に達している日産・エクストレイルです。

常に、SUV市場の販売台数のトップに位置していただけあって中古車になっても根強い人気がありますので高価査定が期待出来ます。日産のディーラーなどに下取りを依頼するのは一番安い価格で売ることになります。メーカーディーラーは新車を売って儲けるので決して高価買取はやりません。

エクストレイルの下取りや売却の相場を調べましょう。ズバリ「相場の星」で検索!

現行モデル 3代目 2013年

昨年末に、モデルチェンジされたばかりなのでまだ中古車市場にはそれほど出回ってはいません。ボディーデザインが一新されて海外で販売が好調なムラーノ顔になって登場しました。2代目にあったクリーンディーゼルエンジンは、3代目には残念ながらありませんね。

4WDシステムは、それまでの機構を一新した電子制御4WD。アイドリングストップ機能などのエコ技術や先進的な日産の安全運転支援システム(エマージェンシーブレーキなど)が惜しみなく搭載されています。買取相場は、かなり高めの価格になっています。約175~220万円となっています。

2代目 2007~2013年

初代モデルのキープコンセプトデザインですね。エクストレイルと言えば、まっさきにこの形を思い出す人がほとんどでしょう。2代目は、ヘッドライトデザインが、涙目になっています。搭載エンジンには、クリーンデーゼルエンジンがありました。

ガソリン代が、春から高止まりしたままなのでガソリンよりも価格が15~20円安い軽油を使用するデーゼルエンジンはとても良いですね。中古車となっても、エクストレイルのクリーンデーゼルエンジンはとても人気が高く下がる様子はみられません。

なぜ、現行車にはクリーンデーゼルエンジンがないのか?それは、ハイブリッドモデルが発売される予定があるのであえてクリーンデーゼルエンジン搭載車は見送られたのです。(マツダのアクセラのようにどちらも販売してくれたらとてもうれしいのですが。)

2代目エクストレイルの買取相場は、約30~180万円です。年式が古いものや走行距離が10万キロ以上のエクストレイルは、やはり安く査定されます。高い値段で売却可能なのは、モデル末期の2013年式で走行距離が1万5千キロ以下ならば200万円近い金額で売るのも可能でしょう。

初代 2000~2007年

エクストレイルは、初代モデルから絶大な人気を誇っていましたね。SUVブームが下火に向かって沈静化する中でも売れまくっていました。

初代モデルの、買取額は約1~65万円です。2000~2004年モデルは残念ながら値段が付かないようです。買取されるのは2005年式からのようです。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ