車査定で高く買い取ってもらうコツ

自分の車を1円でも高く買い取ってもらうには

愛車を少しでも高くで買い取ってもらうためにはどうしたら良いのでしょうか。

基本的に車は走行距離が短ければ短いほど、年式が新しければ新しいほど高くで買い取ってもらえます。

これは査定の基準のガイドラインにもありますし、自動車査定士の基本なのです。

このあたりの数値は変えることが出来ませんし、また車の流行などに関係なく、年式が新しい車、走行距離が短い車ほど高値がつくものなのです。

それでは年式がある程度経過しており、走行距離が超過している車は査定をしても買取金額がつかないものでしょうか?そんなことはありません。こちらのサイトがおすすめなので査定をしてみてください。

年式がそれほど新しいわけでもなく走行距離が短くない車でも高くで買取をしてくれる方法があります。

一円でも高く買い取ってもらう方法

。まず、車を購入するときに手元にいただいた書類や控え、車検の履歴などの書類はすべて用意します。

これは車を手放す時の備品としてすべて揃っているのと、いないのとでは価格に差が出ますので注意しましょう。

そして査定を実際にしてもらう時のために車内の中は綺麗に掃除機をかけてシートも綺麗にしておきます。

特にホコリが目立つダッシュボードなどは綺麗に拭いておきましょう。足回りのマットも掃除をしてできるだけ綺麗な状態にします。

当然車の外側も綺麗にしておく必要があります。洗車をしてワックスをかけておきましょう。こうすることで多少の傷はあっても見た目随分と綺麗に見えるものです。

そして出来れば本格的に査定士に愛車を査定してもらう時にはできるだけ曇りの天気の時を選ぶようにします。晴天であれば太陽光は結構光が強いので欠点をすぐに見つけられてしまいます。そうかと言って雨の天気は足元もよくありませんし、ワックスも無駄になってしまいます。薄曇りの時を狙うとボディの傷なども隠せることもあるのです。

少しでも高く査定してもらうためにはちょっとしたコツがあるのです。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ