リースで使用している車は買取可能ですか

リースで車を購入するとはどういうことか?

リースで車を所有している時に、中古車買取をしてもらうことは可能でしょうか。結論から言えば可能です。しかし気をつけなければいけない点があります。

リース契約と言うのは、例えば300万円の車の残価格を残して3年契約などで購入する方法です。

300万円の車を残価100万円と設定をして3年の期間を設定したとしたら200万円を3年にかけて月々返却していく方法です。リースは走行距離などの超過などがなければ、一括購入するよりもお手軽で便利です。

そして満了の3年が来た時点で新しい車に乗り換えるか、残りの残価100万円を払うか決めることになります。リースは企業などが車を持つときには、よくリースでの契約が多いですが個人ではあまり契約をしている人はいません。

これは車両走行距離などの影響も関わってくるのでしょう。しかし、グレードの高い車に乗れるというメリットもあります。リース契約をしているクルマを買取査定してもらうことは可能です。しかし注意をすることもあります。

リース車を査定に出す時の注意点

リースはだいたい契約満了期間が設けられています。その期間になるまでに査定をして売却したいと考えているのであれば、契約違反となることもあり、トラブルの原因になることも多いです。

理想は査定で出された金額が残価よりも上回っていることです。そうすると査定された金額を残価に充填することが出来るので結果的に残高をすべて払い自分のものになったという形になります。

しかし実際はリースの残高と査定額が同等と言うのはなかなかないので、この時の消費者の判断は後のトラブルを回避させることも出来るので慎重に判断をしなければいけません。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ