中古車買取の評価は車検残月によっても変わります

車のランクと査定の影響

中古車を買取をしてもらうときには、その車の走行距離や年式によって査定結果に影響がでます。それは年式が新しい分、走行距離が少ないものほど買取り価格が高くなるのは納得いただけると思います。

一般的にあまり乗る人がいないようなハイクラスの高級車、例えば、プレジデント、センチュリー、ディグニティ、インフィニティやソアラ、マジェスタ、LSなどが代表的です。

これらの車は高級車と呼ばれる部類に当たるので、車両本体価格も高く中古車でも業者は高く買い取ってくれます。

そして、その下のランクにセドリックやシーマ、レジェンド、スープラ、クラウンと続きカローラ、オデッセイ、パジェロ、ハイエース、RX8の一般的な車、一番下のランクに軽自動車と並んでいきます。

車検残月によってもかわる査定額

車のランクに加えて車検残りの月によっても査定に差が出ます。23ヶ月~24ヶ月未満、18ヶ月~19ヶ月未満、12ヶ月~13ヶ月未満、6ヶ月~7ヶ月未満、1ヶ月未満と分けることが出来ます。

この幅により査定結果に大きな差が生まれるのです。業者に査定をして車を引き取ってもらった時、新しい車が来るまで車がなくなってしまうと、とても不便ですよね。

そんな心配をされている人は多いですが、心配することはありません。新しい車が来るまでの間、何か違う車を借りなければと思う人も多いでしょうが、最近はクルマを買取してもらった業者で代車を貸してくれるところが非常に増えました。

そのため自分で手配しなくても買取業者から貸してもらえるパターンが多いので一度聞いてみると良いと思います。査定が出来るサイトはこちらなどがありお勧めです。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ