中古車買取時にローンが残っている場合はどうなるでしょうか?

ローン中の中古車の売却について

車を購入時にローンで購入した場合、ローンが終了しないままで中古車買取をしてもらうことは可能なのでしょうか。

ローンで車を購入したとなると、ローンを完済するまでは、車は購入者が使っていたとしても、実は所有者はローン会社にあるのです。

つまり使用者は購入者ですが所有者はローン会社にあります。ローンが終了して初めて、自分のものとなるのです。

そのためローン返済期間中はローン会社の所持品の扱いとなるので売却することは出来ません。しかし絶対に売れないわけではなく手続次第で方法はいくつかあります。

ローン中に車を売る方法

まずは中古車買取業者に査定をしてもらいましょう。ローン中は車の売却が出来ないのではないの?と先ほど述べました。しかしローン残債をすべて完済すれば問題ないのです。

そのため査定をしてもらい、残りの残高が、査定額よりも低ければ売却金額を残りのローン返済に充てることが出来るのです。

ローン会社はすべてのお金を返済してもらえれば、中古車を売却しようが利用者の自由にさせてくれます。そのためローン中でも残高よりも高い金額で買い取ってくれる業者があれば買取をしてもらうことが可能です。

親切な買取業者であれば査定後の金額を銀行やローン会社に残債を支払ってくれる手続をしてくれるところもあります。手続を代行してもらえれば手間など初心者では不慣れな作業を大幅に省くことも出来ますので、査定をしてもらうときローンが残っているというのは正直に相手に伝えるようにしましょう。

ちょうどこちらのようなサイトから一括査定をすることが出来るのでおすすめです。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ