事故車であっても廃車の車であっても車買取はしてくれます

事故車でも廃車のものでも売れます

普通の車買取業者であれば、事故を起こした事故車やエンジンが動かない車、廃車をしたであれば査定をしても金額がつかないこともあります。

それは事故車であれば、正面からぶつかった時にフロントガラスの損傷やボディの損傷は普通以上にダメージが大きく、修理をしても普段乗りには戻らない可能性が高いからです。

また事故車を修理して元の状態に戻したとしても、事故歴と修理歴を嫌う消費者は多く、買い手がつかないことも多いのです。そのため事故を起こした車は査定額で金額がつかないこともあります。

しかしたくさんの買取業者に査定をしてもらうと分かるのですが、廃車や事故車でも査定金額をつけてくれる業者もあるのです。

なぜ廃車の車でも査定金額が付くのか?

なぜ事故車でも金額がつくのかと言うと、廃車で動かない車でも事故車でも外面は汚くても解体した中の部品は綺麗なことが多く、この部品を各パーツとして再利用することが出来るのです。またパーツだけをオークションで売ることも出来ますしリサイクルに回すことも出来るのです。

部品は平成の製造のものであれば、内部構造はそれほど大きく型が変わっているものもありません。そのため再利用も可能となるのです。

どこの部品が再利用されるかは売ってみないとわかりませんが、大切なことは自分の勝手な判断で売れないと決めつけないことが大切です。まずはこちらのようなサイトで査定をしてみてください。

色々な業者で査定をしてみるとわかりますが、強みにしている分野が違います。出来るだけそのままの状態で譲りうけて転売をする、部品を解体して中身だけを利用する、重機の専門、二輪車の専門など。消費者にはわからない転売ルートがあるので、諦めずに査定をしてみることをおすすめします。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ