車一括査定とは?

車一括査定のメリット

車一括査定とは、最大10社の中古車買取店に車査定依頼を出すことが出来るサービスです。

査定のためにわざわざガリバーやアップルなどの車買取店まで行く必要がなく、自宅にいながら出張査定をうけることが出来るため、少ない労力で多くの会社から査定をうけることが出来ます。

車買取価格は買取業者によって何十万円も違いますので、車を高額で売却したい人に人気です。車一括査定をしたい方はこちらをクリックしてください。

車一括査定のデメリット

一方デメリットは、複数の会社と電話などで交渉をしないといけないことです。買取業者もあなたから車を安く買取、他で高い価格で売却することで利益を得ています。

業者からしてもあなたは大切なお客さんなので、他社より早くかつ安く買取をしようと電話などで交渉をしてきます。その対処をしないといけないことが一番のデメリットです。

相場より安く買い取り査定をしようとする業者への対処法

相場より安い価格で車買取をしようとしてくる業者には「はっきり断る」ことが大切です。

「断るのが悪い」と思い、曖昧な答えをしてしまうことは業者へ隙を見せることです。

業者がしつこく頼めば買取出来るチャンスがあるのではないかと思われ、しつこくされてしまいます。

電話がしつこいなら業者に車買取が出来る可能性がないと思わせれることが大切です。

したがって

「車をもう売却した」

といってしまうことが良いです。

出張買取の際などに、他の業者よりも安い査定額で買取をしてもらうために、値段をはっきり言われない場合があります。(あなたが他の業者と比べながら車買取をしていることを業者は知っています。

業者があなたから車を安く買取したいと思う一方で、買取値段が他の業者と比べて高いとあなたが買取をしてくれないことも知っています。)

業者が誠実な態度をとらない場合は、他の買取業者に依頼するとはっきりと伝えることが大切です。

断り方の例として、「車を売却するつもりはありますが、複数買取店から査定をしてもらいます。駆け引きは苦手なので、はっきりとした値段の提示をお願いします。出来ないなら他の業者に頼むので結構です。」
というものがあります。

これだけは抑えたい高額で車買取査定をしてもらうコツ

これだけは押さえておきたい高額価格で車を売却するための考え方

最高買取価格で車買取をしてもらうために最も大切なことは、車をたくさんの買取店に査定してもらい、一番高額で査定してくれる買取店に車を売ることです。

まずどこかの車買取店で自分の車の値段を聞いて、その値段を基準に様々な買取店に更なら高額価格での査定をしてもらえるか聞きまわります。

最高額を出した車買取店以外が諦める車買取価格が最高額です。

ただ難しいことが車買取店もあなたから安く車を買取して、他の業者に高く売却することで生計を立てているので、駆け引きが必要です。

これだけは押さえたい高額査定のための具体的なテクニック

時間がある方は、車買取店を実際に回ることとネット一括車査定の両方を上手く使うことがお勧めです。

車買取店に車を持って行けば、すぐに買取価格まで言ってくれます。

しかし買取価格が安い可能性が高いので、他の車買取も回ることも大切です。

しかしたくさんの買取店を回るのは、大変なので車一括査定も利用しましょう。

車一括査定では車の値段を中々言ってもらえない可能性もあるので査定された金額を伝えたうえでさらに高くできないか聞いて回りましょう。

忙しくてそんな時間がない方は、ネットだけで手軽に一括査定をしてもらいましょう。

ネット上のおすすめ車買取査定サイト

車査定をネットで調べるとたくさんのサイトが出てきます。
どれを選んでよいか分からない人向けにそれぞれの特徴をまとめました。

1位 ズバット車買取

メリット

①:1分くらいの操作で買取額が分かる
②:比べられる買取業者が多く、古い車でも高く売れる可能性大
③:査定依頼する買取業者を自分で選択できる
④:カスタマーサポートもあり初心者にとって良い

こちらから申し込み可能です。

2位 かんたん車査定

メリット

①:一番簡単な車一括査定!45秒ですぐに査定相場を表示。
②:現在の年間利用者数がNo.1
③:JADRIの審査に通過した優良業者(しつこい営業電話なし)

こちらから申し込み可能です。

3位 カーセンサー

メリット

①:メール連絡希望や電話時間指定が可能
②:提携買取業者数がNo.1の1,000社以上で最大30社まで査定可能
③:中古車で有名なカーセンサー、知名度抜群で安心の実績

こちらから申し込み可能です。

4位 カービュー

メリット

①:長い歴史を持っている会社なので安心感と信頼感がある
②:古い車・事故車・商用車でもOK
③:1分くらいの操作で買取額が分かる

こちらから申し込み可能です。

5位 楽天オート

メリット

①:申込みをするだけで楽天5ポイント
②:成約する3000円分の楽天ポイントが手に入る
③:申し込む前に査定業者を選択が可能

こちらから申し込み可能です。

当サイトおすすめの車買取査定業者

車買取業者はたくさんありますが、その中でも大手であるガリバーさんでも「業者の対応が良くない」や「安く買取をさせられる」などの不満をよくネット上で見ることが出来ます。

どの車買取業者を選べばよいかお困りの方におススメのサイトがこちらです。

こちらでは、お客様に実際にアンケートした結果をもとに、車買取業者別の「総合満足度ランキング」を作成しています。

「受付の対応」「査定時の対応」「契約・引取りの対応」「査定額」の4項目を基準に総合的な評価をしたランキングです。

また「受付の対応」「査定時の対応」「契約・引取りの対応」「査定額」それぞれのランキングも見ることが出来ます。こちらからご覧ください。

また車買取業者の評判が気になる方はこちらをチェックしてください

車買い取り査定相場の調べ方とおススメの査定方法

1位 匿名で車買取相場表を確認

中古車を売却する際に相場の情報をざっと知りたいという方にお勧めの方法は車の相場表を見ることです。相場表を見るだけなら匿名で、売却したい車の価格をざっと知ることが可能です。

「18年 クラウン」のように年式と車種を検索ボックスに入力するだけで、車の買取価格についての相場を表で知ることが出来ます。

是非こちらでチェックしてみて下さい。

2位 車買取業者に聞く

直接車買取業者に行って車を査定してもらうことは、値段を知るうえで1番正確で良いです。

ただ1社しか買取業者を回らないと車の値段を分かっても、車を売却するということを考えると良くありません。

業者から提示された金額が高いのか安いのかが見当がつかないからです。したがって複数の車買取業者から値段を聞くと良いです。

高く車を売りたい方におススメなのが車買取一括査定です。

こちらのサイトでは、車種、年式、走行距離を入力するだけで、車の値段を複数社から調べられます。

3位 中古車販売されている車の値段から逆算する

中古車販売されている車の値段から逆算して、相場を調べることも可能です。

あなたが売却した車は実は、あなた⇒車買取業者⇒オークション⇒中古車販売店という流れで売られています。
それを逆算すればよいのです。

計算のために重要な情報は2つです。

①中古車販売ディラーの利益率は、仕入れ値の15~20%
②車買取業者が出せる限界買取価格はオークション相場の90%

例えばあなたが「年式3年、走行距離が25000㎞のプリウス」を売却したいとします。次に、カーセンサーやカーネットなどの中古車販売サイトで価格を調べます。

例えば車が税抜き本体価格が160万円だったとします。

そうすると①から15%が利益に乗っかるとしたら、中古車販売ディラーの仕入れ値は、160万円÷115%=約140万円。この価格でオークションから買取をしたことになります。

次に②より、140万円×90%=126万円。よって車本体価格は最高額でも126万円程です。ただしこの数字は最高額になりますので、その他査定時に車体の不良があればどんどん値段が落ちていきます。

手間がかかりますが、自分の車の条件にあう中古車を見つけ出し、是非参考までに計算してみてください。

車買取一括査定の流れ

①車と自分の個人情報を入力
②複数車買取店から連絡をもらい、査定日を決める
③査定後、最高買取価格で車を売却

①車と自分の個人情報を入力

まずは、車(車種、年式、走行距離、車検時期など)と、自分(住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど)の情報をサイトに入力します。

②複数車買取店から連絡をもらい、査定日を決める

買取店にあなたの情報が送信され、電話やメールで連絡があります。「およその査定額」と「査定日時」について聞かれます。

③査定後、最高額で車を売却

数社の買取店を自宅に呼んで、査定してもらうのが一般的です。査定時間は、1社につき約15~30分で行われます。
見積もりを比較して、一番高い査定額を出した会社に売却します。

車買取査定をする際に必要な書類

車売却時に必要な書類は以下です。

  • 自動車検査証
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
  • 実印
  • 振込口座情報
  • リサイクル券

となります。

査定時に必要なのは、「車検証」と「自賠責保険証書」です。通常、車に保管してあるので、特に準備の必要はありません。必要書類について詳しく知りたい方はこちらでご確認ください。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ