レーシングカーを彷彿させるスポーツカー  BMW Z4

BMW Z4は、日本最高峰のハコ車レースSUPERGT・GT300参戦車両です。

2014年谷口信輝・片岡龍也コンビのグットスマイル初音ミクZ4で参戦しました。

その年の成績はなんとドライバーズチャンピオンを獲得する目覚ましい活躍を成し遂げたのです。

その人気は、ミニカーやプラモデルそしてラジコンキットまで幅広く存在していますね。

貴方の愛車のBMW・Z4をBMWに下取り出す前に、どれくらいの価格で売却出来るのか知りたいと思いませんか?

中古車買取相場を調べるなら、「相場の星」で決まり!

初代Z4(2003~2009年)

前席のみの2シーターで2名乗車限定のスポーツモデルです。ボディーは、2ドアクーペとオープンタイプのロードスターの2種類。

Z3の後継モデルとして登場しましたが車格はZ3よりも上になっています。

ボディーサイズもZ3よりも大きくなっていてなんとなくアメリカの雰囲気がするのはボディーデザインを手がけたクリス・バングル(アメリカ人デザインナー)によるところが大きいかもしれませんね。

搭載エンジンは、3200cc・3000cc・2500cc・2200ccの直6DOHCと2000cc直4DOHC。駆動方式はFRのみで、ミッションは5速AT・6速AT・6速MTとなっています。

2代目Z4(2009年)

ボディースタイルは、電動式開閉のクーペカプリオレの1種類になりました。ボタン一つ簡単楽ちん操作でいつでも開閉が可能です。ソフトトップではないので雨の日や寒い時期など、快適に過ごせますね。

搭載エンジンは、2500cc直6DOHC(204PS)・2000cc直4DOHCターボ(184PS)・3000cc直6DOHCターボ(306PS)の3種類。

グレードはsDrive23i・sDrive35i・sDrive35iS・sDrive20i。駆動方式は、FRのみでミッションは6速と8速ATそして7速DCTとなります。

BMW Z4の人気と査定は?

初代から2代目の現行モデルで査定の平均は約160万円。最安値は約18万円で最高が約360万円です。

これが、2代目のみでみてみますと約250~360万円です。やはり、売るなら現行モデルが高いのは当たり前ですね。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ