BMW 3シリーズ アクティブハイブリッド3その査定は?

日本国内では、現在エコブームが頂点を極めているところでしょうか。

国産車は、燃費を追求するあまりにドライバヴェリティーを犠牲とし、楽しい走りを望める車はもはや数えるほどです。

輸入車の中では、積極的にハイブリッドモデルを展開しているBMW。ただ単に燃費ばかりを追求するのではなく、ハイブリッドモデルであっても「駆け抜ける喜び」が得られるような官能的な車造りに徹しているのはさすがです。

そんな、BMWのヒット作3シリーズに満を持して登場したのが2013年7月に追加されたハイブリッドモデルの「アクティブハイブリッド3」となります。

6代目3シリーズ(F30)アクテイブハイブリッド3(2013年)

ボディースタイルやボディーデザインは、特にハイブリッド車であることを強調するようなものはなく他のモデルと同じですが、ハイブリッド車の証しである「アクテイブハイブリッド3」のエンブレムがリヤとボディーサイドにさりげなく付けられています。

ボンネットを開けるとエンジンヘッドには、青の結晶塗装された「アクテイブハイブリッド3」が備わります。搭載エンジンは、3000cc直6DOHC(306PS)+モーター(54PS)の構成です。日本では、日産・フーガハイブリッドなどが似たようなハイブリッドシステムを採用しています。

モーターアシストされた、アクテイブハイブリッド3の走りはウルトラスムーズそのもの。ハイブリッド車でも前後50:50の重量比に仕上げられました。アクテイブハイブリッド3は、まさに駆け抜ける喜びを標榜するBMWならではの官能的な走りが可能となっています。

官能的な走りが出来て、燃費は16.5km/L(JC08モード)は日産・フーガハイブリッドと同じですが運動性能は明らかにアクテイブハイブリッド3のほうが上でしょうね。

貴方の愛車のBMWアクテイブハイブリッド3を下取りに出すまえに、ちょっと査定をみてみませんか?すぐ検索なら「相場の星」が、便利です!

BMWアクテイブハイブリッド3査定と人気は?

2013年に、追加発売となったアクテイブハイブリッド3。まだ、中古車市場には球数がとても少ないので店頭に並べばすぐにでも売れてしまう状態です。

すこし、高い中古車価格でも売れてしまうほど人気があります。マイナーチェンジもされていないので、高く売るは十分可能でしょう。

買取価格は、マイナーチェンジされるまで下がることはありません。なので、モデルチェンジなどの情報はよく調べておきましょう。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ