BMW 3シリーズ グランツーリスモ の査定は?

2013年末に、BMW3シリーズに新たに加わったグランツーリスモ。

3シリーズのボディースタイルは、セダンとワゴンそこに追加されたグランツーリスモは4ドアクーペとでも呼ぶのが相応しいほど流麗な5ドアハッチバックです。

ヨーロッパでは、とても人気が高くBMWでも5シリーズにもあり、アウディにも同じコンセプトの5ドアハッチバック車があります。

国産車では、2代目アテンザや現行モデルではギャランフォルティスに5ドアハッチバックがありましたが、なぜかどのモデルもヒットしなくて現在では死滅したボディースタイルなのです。

セダンとワゴンの実用性を兼ね備えた4ドアクーペ(5ドアハッチバック)は、最近また輸入車ブームとなりそうなので、ひょっとしたら国産車にも再び登場するかもしれませんね。

あなたの愛車のBMW3シリーズ グランツーリスモをBMWに下取りに出す前 に、どれくらいの価格で売れるか調べてみませんか。
相場の星」の星なら簡単です。

3シリーズ グランツーリスモ(2013年)

ボディーサイズは、同じ3シリーズなのにツーリング(ワゴン)よりも一回りほど大きくなっています。ツーリングよりも全長で200mm長く、全幅では30mm広くなり全高は50mmも高くなりました。

さらに、ホイールベースは110mm延長されています。全高は、SUVテイストも多少加えたので高くなったようですね。ボディーサイズは、もはや5シリーズに迫る大きさになっています。

カーゴルームもボディーサイズに合わせて拡大されてツーリングよりも25L、ポリカン一つ分大きくなっていると思えばよいでしょうか。

ホイールベースの延長分は、車室の拡大にあてられました。後部座席の前席との広さはかなり大柄なかたが足を組んで座っても十分に寛げるほどです。

グレードは、320i(2000cc直4DOHC 184PS)・328i(2000cc直4DOHC 245PS)・335i (3000cc直6DOHC 306PS)それぞれ、ベースモデルの他にスポーツ・ラグジュア・Mスポーツがあります。

駆動方式は、こだわりのFRのみ。ミッションは8速ATのみです。

3シリーズ グランツーリスモの人気と査定は?

BMW 3シリーズの人気はとても高く、BMWのモデルの中でもトップです。スタイリッシュな、5ドアハッチバックボディーのグランツーリスモも人気があるようですね。

中古車でも、球数が少ないので高値買取りが期待出来そうです。流通台数が少ないため、相場は?ですが、高値で売却が可能でし

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ