BMW 3シリーズ グランツーリスモ の査定は?

2013年末に、BMW3シリーズに新たに加わったグランツーリスモ。

3シリーズのボディースタイルは、セダンとワゴンそこに追加されたグランツーリスモは4ドアクーペとでも呼ぶのが相応しいほど流麗な5ドアハッチバックです。

ヨーロッパでは、とても人気が高くBMWでも5シリーズにもあり、アウディにも同じコンセプトの5ドアハッチバック車があります。

国産車では、2代目アテンザや現行モデルではギャランフォルティスに5ドアハッチバックがありましたが、なぜかどのモデルもヒットしなくて現在では死滅したボディースタイルなのです。

セダンとワゴンの実用性を兼ね備えた4ドアクーペ(5ドアハッチバック)は、最近また輸入車ブームとなりそうなので、ひょっとしたら国産車にも再び登場するかもしれませんね。

あなたの愛車のBMW3シリーズ グランツーリスモをBMWに下取りに出す前 に、どれくらいの価格で売れるか調べてみませんか。
相場の星」の星なら簡単です。

3シリーズ グランツーリスモ(2013年)

ボディーサイズは、同じ3シリーズなのにツーリング(ワゴン)よりも一回りほど大きくなっています。ツーリングよりも全長で200mm長く、全幅では30mm広くなり全高は50mmも高くなりました。

さらに、ホイールベースは110mm延長されています。全高は、SUVテイストも多少加えたので高くなったようですね。ボディーサイズは、もはや5シリーズに迫る大きさになっています。

カーゴルームもボディーサイズに合わせて拡大されてツーリングよりも25L、ポリカン一つ分大きくなっていると思えばよいでしょうか。

ホイールベースの延長分は、車室の拡大にあてられました。後部座席の前席との広さはかなり大柄なかたが足を組んで座っても十分に寛げるほどです。

グレードは、320i(2000cc直4DOHC 184PS)・328i(2000cc直4DOHC 245PS)・335i (3000cc直6DOHC 306PS)それぞれ、ベースモデルの他にスポーツ・ラグジュア・Mスポーツがあります。

駆動方式は、こだわりのFRのみ。ミッションは8速ATのみです。

3シリーズ グランツーリスモの人気と査定は?

BMW 3シリーズの人気はとても高く、BMWのモデルの中でもトップです。スタイリッシュな、5ドアハッチバックボディーのグランツーリスモも人気があるようですね。

中古車でも、球数が少ないので高値買取りが期待出来そうです。流通台数が少ないため、相場は?ですが、高値で売却が可能でし

まずは検索をしてみよう!

ズバット車買取

おすすめの理由

  • 累計利用者数は、100万人以上という実績のあるサービス。車を売るのが初めての方も安心してご利用出来ます。
  • 地域密着型の中小業者まで、211社が参加。その中から最大10社に一括査定をすることが可能です。日本最大級の規模の中古車一括査定サイトです。
  • 迅速な対応により車の売却に時間がかからない。その上ユーザーの負担が少なく楽に買取業者を比較して、車を売却できます。
  • お問い合わせ専用の電話番号を用意しており、利用者のサポートも充実しています。
  • 申請すれば、電話連絡不要でメールでのやりとりが可能です。

⇒ ズバット車買取で無料一括査定をする

かんたん車査定ガイド

おすすめの理由

  • JADRI(日本自動車流通研究所)が認めた買取店(優良店)だけが登録しています。 (悪徳業者は排除されています。)
  • 申し込みが簡単、約30秒で完了します。
  • 買取相場がすぐに表示されます。
  • 最大10社から一括査定が可能です。

⇒ かんたん車査定ガイドで無料一括査定をする

Goo買取

おすすめの理由

  • 個人情報は「郵便番号」と「メールアドレス」のみを伝えればよいです。
  • 査定をお願いする車買取業者をサイトの情報を通じて、自分で選べます。
  • 営業の電話がかかってこないです。
  • 登録するだけで売りたい車の今と今後の相場もわかります。

⇒ Goo買取で無料査定をする

車査定比較.com

おすすめの理由

  • 全国75万台の過去の取引データを元に車査定価格を申し込み後すぐに知ることが可能です。
  • 評判の悪い口コミが少ないです。
  • 査定依頼の際にメールでのやりとりが可能です。

⇒ 車査定比較.comで無料一括査定をする

楽天オート

おすすめの理由

  • 成約時に楽天ポイントが1500ポイント付与されます。
  • 楽天の口コミが見れて、評価の悪い車買取業者との交渉を拒否することが出来ます。
  • サイトに申し込むだけで、5ポイントの楽天ポイントが付与されます。

⇒ 楽天オートで無料一括査定をする

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ