BMWのエントリーカー1シリーズ その査定は?

全モデルに「駆け抜ける喜び!」を掲げるBMW。BMWの中ではエントリーカーの1シリーズにもその命脈は見事に息づいています。

スポーツ走行するならばやはりFR駆動が一番!との発想から、ライバル各車は、ほぼすべてFF駆動なのに対して、走りのBMWは例えエントリーモデルでも頑なにFR駆動を採用!

噂では、次期モデルはFF駆動になるのが濃厚なのでFR駆動信望者は急いで購入するべきです。

貴方の1シリーズをBMWへ下取に出すまえに、査定価格がどれくらいの価値を見て見ませんか?
相場の星」なら簡単で便利です。

初代(2004~2011年)

それまでエントリーモデルであった3シリーズのコンパクトの意志を受け継ぎ誕生しました。ボディースタイルは、3ドアと5ドアのハッチバック・2ドアクーペとカプリオレの4種類です。

エントリーと言いながら、3ナンバーの車幅のボディーサイズは全長×全幅×全高=4240×1750×1410は、国産車ならトヨタ・オーリス5ドアハッチバックの4330×1760×1480で、オーリスよりは全長が短いくらいのサイズになります。エントリーカーとは言え国産コンパクトよりは遙かに大きな車体です。

ボディーデザインは、取り回しの良さを狙って運転席からわざとボンネットが見えるようになっています。大柄なボディーのわりには運転しやすくなっているのです。

2代(2011年)

ボディーデザインは、先代モデルのキープコンセプトながらよりBMWらしいキドニーグリルに逆スラントしています。ボディーサイズは幾分拡大されて、後席の居住性が向上しカーゴルームの積載量は約30リットルアップしました。

ボディーは3ドアハッチバックと5ドアハッチバックの2種類。グレードは、1600ccターボの160iと120i。3000ccターボの135i。それぞれにベースモデルの標準・スポーツ・スタイルの3タイプがあります。

駆動方式は、FRのみ。1600ccは8速ATとの相性もよくFR駆動特有の軽快なハンドリングが楽しめるモデルです。

BMW1シリーズの査定と人気

査定は、直近5年もので約55~304万円。高値買取りは、やはり現行モデルの2代目でしょう。さらに高額売却出来るのは、現行モデルの135iです。

初代モデルと2代目モデルとの間にはやはり明確な査定の価格差があるのは致し方ありません。初代モデルも、ようやく中古車価格がこなれてきました。人気も高いので高く売ることはそう難しくはないでしょうね。

まずは検索をしてみよう!

ズバット車買取

おすすめの理由

  • 累計利用者数は、100万人以上という実績のあるサービス。車を売るのが初めての方も安心してご利用出来ます。
  • 地域密着型の中小業者まで、211社が参加。その中から最大10社に一括査定をすることが可能です。日本最大級の規模の中古車一括査定サイトです。
  • 迅速な対応により車の売却に時間がかからない。その上ユーザーの負担が少なく楽に買取業者を比較して、車を売却できます。
  • お問い合わせ専用の電話番号を用意しており、利用者のサポートも充実しています。
  • 申請すれば、電話連絡不要でメールでのやりとりが可能です。

⇒ ズバット車買取で無料一括査定をする

かんたん車査定ガイド

おすすめの理由

  • JADRI(日本自動車流通研究所)が認めた買取店(優良店)だけが登録しています。 (悪徳業者は排除されています。)
  • 申し込みが簡単、約30秒で完了します。
  • 買取相場がすぐに表示されます。
  • 最大10社から一括査定が可能です。

⇒ かんたん車査定ガイドで無料一括査定をする

Goo買取

おすすめの理由

  • 個人情報は「郵便番号」と「メールアドレス」のみを伝えればよいです。
  • 査定をお願いする車買取業者をサイトの情報を通じて、自分で選べます。
  • 営業の電話がかかってこないです。
  • 登録するだけで売りたい車の今と今後の相場もわかります。

⇒ Goo買取で無料査定をする

車査定比較.com

おすすめの理由

  • 全国75万台の過去の取引データを元に車査定価格を申し込み後すぐに知ることが可能です。
  • 評判の悪い口コミが少ないです。
  • 査定依頼の際にメールでのやりとりが可能です。

⇒ 車査定比較.comで無料一括査定をする

楽天オート

おすすめの理由

  • 成約時に楽天ポイントが1500ポイント付与されます。
  • 楽天の口コミが見れて、評価の悪い車買取業者との交渉を拒否することが出来ます。
  • サイトに申し込むだけで、5ポイントの楽天ポイントが付与されます。

⇒ 楽天オートで無料一括査定をする

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ