BMWのエントリーカー1シリーズ その査定は?

全モデルに「駆け抜ける喜び!」を掲げるBMW。BMWの中ではエントリーカーの1シリーズにもその命脈は見事に息づいています。

スポーツ走行するならばやはりFR駆動が一番!との発想から、ライバル各車は、ほぼすべてFF駆動なのに対して、走りのBMWは例えエントリーモデルでも頑なにFR駆動を採用!

噂では、次期モデルはFF駆動になるのが濃厚なのでFR駆動信望者は急いで購入するべきです。

貴方の1シリーズをBMWへ下取に出すまえに、査定価格がどれくらいの価値を見て見ませんか?
相場の星」なら簡単で便利です。

初代(2004~2011年)

それまでエントリーモデルであった3シリーズのコンパクトの意志を受け継ぎ誕生しました。ボディースタイルは、3ドアと5ドアのハッチバック・2ドアクーペとカプリオレの4種類です。

エントリーと言いながら、3ナンバーの車幅のボディーサイズは全長×全幅×全高=4240×1750×1410は、国産車ならトヨタ・オーリス5ドアハッチバックの4330×1760×1480で、オーリスよりは全長が短いくらいのサイズになります。エントリーカーとは言え国産コンパクトよりは遙かに大きな車体です。

ボディーデザインは、取り回しの良さを狙って運転席からわざとボンネットが見えるようになっています。大柄なボディーのわりには運転しやすくなっているのです。

2代(2011年)

ボディーデザインは、先代モデルのキープコンセプトながらよりBMWらしいキドニーグリルに逆スラントしています。ボディーサイズは幾分拡大されて、後席の居住性が向上しカーゴルームの積載量は約30リットルアップしました。

ボディーは3ドアハッチバックと5ドアハッチバックの2種類。グレードは、1600ccターボの160iと120i。3000ccターボの135i。それぞれにベースモデルの標準・スポーツ・スタイルの3タイプがあります。

駆動方式は、FRのみ。1600ccは8速ATとの相性もよくFR駆動特有の軽快なハンドリングが楽しめるモデルです。

BMW1シリーズの査定と人気

査定は、直近5年もので約55~304万円。高値買取りは、やはり現行モデルの2代目でしょう。さらに高額売却出来るのは、現行モデルの135iです。

初代モデルと2代目モデルとの間にはやはり明確な査定の価格差があるのは致し方ありません。初代モデルも、ようやく中古車価格がこなれてきました。人気も高いので高く売ることはそう難しくはないでしょうね。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ