BMWの4シリーズ その査定は?

BMW3シリーズよりも各上モデルとして2013年11月に登場しました。BMWの新しい偶数モデルの4シリーズ。

貴方の愛車の4シリーズをBMWへ下取りに出すまえに、査定を見て見ませんか?「相場の星」なら、とっても簡単!

初代(2013年)

それまでの、BMW3シリーズの発展モデルの4シリーズ。ボディースタイルは、2ドアクーペとカプリオレそれに4ドアクーペの3種類。4ドアクーペは、グランクーペと呼ばれるモデルでテールゲートが大きく開くハッチバックスタイル。

低いルーフでまるでながれるような流麗なボディースタイルはさすがBMWです。

日本では全くヒットしたことがないボディースタイルはヨーロッパでは実用的で尚且つスタイリッシュなので高い人気を保っています。

日本で、なぜヒットしないのかとても不思議でなりません。リヤシートは3分割可能で、後席をすべて倒せばワゴン顔負けの積載量を誇るカーゴルームを確保しています。

ボディーサイズは、3シリーズよりも全高を除いてちょっとずつ大きくなりました。「駆け抜ける喜び」を、掲げるBMW4シリーズ、は基本FR駆動です。1グレードのみに4WDの設定があります。

2000cc~3000ccまでの直6と直4DOHCの4種類です。

グレードは7種類で、435iクーペ(3000cc直6DOHC・306PS)、428iクーペ(2000cc直4DOHC・245PS)、435iカプリオレ、(3000cc直6DOHC・306PS)、435iグランクーペ((3000cc直6DOHC・306PS)、428iグランクーペ(2000cc直4DOHC・245PS)、420i(2000cc直4DOHC・245PS)で、これらはFR駆動のみです。

420iXドライブが4シリーズ唯一の4WDモデルとなっています。

BMW4シリーズの査定と人気

2013年発売なので、中古車の球数もとても少なく高価買取りが期待出来ますね。査定価格は約340~360万円。人気は、スタイリッシュな4ドアクーペでしょうか。

人気の搭載エンジンは、国産車ではもはや死滅してしまったストレート6でしょう。まさに「駆け抜ける喜び」を堪能できますね。

4シリーズは登場してからまだ2年なので、とても球数も少なく高く売るのはそう難しくないでしょう。人気の直6エンジンならば売却するのもよい査定結果が期待出来ます。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ