BMWのSAVモデル!? X3の査定は?

「駆け抜ける歓び!」を掲げるBMW。たとえ、悪路のオフロードでもその志は揺らいでいません。

BMWが提案するSUVは、SAV(スポーツ アクティビティ ビークル)となります。第一弾が、X5でしょう。

その第2弾が、BMW3シリーズベースで開発されたX3。2004年発売となりました。

貴方の愛車のBMW・X3をBMWにすぐ下取りに出してしまってはいけません。中古車査定が、どれくらいになるか相場を知りたくありませんか?

検索は、ズバリ「相場の星」で!

初代(2004~2012年)

スポーティな走りが売りのBMWのSUV。ベースとなったのは、3シリーズです。スポーツ走行に欠かせないのは車重の前後配分なのは言うまでもありません。

普通のSUVですとフロントエンジン・リヤドライブなのでフロントヘビーの車重配分になってしまいますが、X3はなんと車重の前後配分は50:50を実現しています。SUVでありながら軽いノーズなので峠道でのハンドリングも軽快そのものです。

重量物のバッテリーをリヤに移動させるなど徹底した設計が施されています。そんなスポーツ走行も得意なX3は、ロングドライブももちろんOK!

搭載エンジンは、BMWが得意とする直6・DOHCの2500ccと3000ccの2種類。最高出力は、192PSと231PSでしたが2006年のマイナーチェンジ後はパワーアップされて218PSと272PSに向上しました。

グレードは、3.0i・2.5i・3.0si・2.5siの4種類です。

M社製ダンパーなどが装備されるMスポーツパッケージのOPがあり高い人気がありました。

2代目(2012年)

販売当初は、3000cc直6DOHCのX-ドライブ35iとX-ドライブ28iの2種類でしたが発売開始3か月後には早くもダウンサイジングされた2000cc直4DOHCエンジン搭載のX-ドライブ20iが登場しました。

さらに、半年後にはクリーンディーゼルエンジンも投入されてエンジンバリエーションがとても充実している現行モデルです。2014年にはマイナーチェンジも実施されてさらなる充実が図られている円熟モデルなのが現行X3でしょう。

BMW X3の人気と査定は?

直近5年物の査定価格は約230~410万円。人気はMスポーツパックのOP装着車です。

初代モデルまで含めた平均的な査定は約175万円で最も安い査定は初期型の2005年頃で走行距離が約10万キロに達するようなX3で約30万円での売却になります。

まずは検索をしてみよう!

ズバット車買取

おすすめの理由

  • 累計利用者数は、100万人以上という実績のあるサービス。車を売るのが初めての方も安心してご利用出来ます。
  • 地域密着型の中小業者まで、211社が参加。その中から最大10社に一括査定をすることが可能です。日本最大級の規模の中古車一括査定サイトです。
  • 迅速な対応により車の売却に時間がかからない。その上ユーザーの負担が少なく楽に買取業者を比較して、車を売却できます。
  • お問い合わせ専用の電話番号を用意しており、利用者のサポートも充実しています。
  • 申請すれば、電話連絡不要でメールでのやりとりが可能です。

⇒ ズバット車買取で無料一括査定をする

かんたん車査定ガイド

おすすめの理由

  • JADRI(日本自動車流通研究所)が認めた買取店(優良店)だけが登録しています。 (悪徳業者は排除されています。)
  • 申し込みが簡単、約30秒で完了します。
  • 買取相場がすぐに表示されます。
  • 最大10社から一括査定が可能です。

⇒ かんたん車査定ガイドで無料一括査定をする

Goo買取

おすすめの理由

  • 個人情報は「郵便番号」と「メールアドレス」のみを伝えればよいです。
  • 査定をお願いする車買取業者をサイトの情報を通じて、自分で選べます。
  • 営業の電話がかかってこないです。
  • 登録するだけで売りたい車の今と今後の相場もわかります。

⇒ Goo買取で無料査定をする

車査定比較.com

おすすめの理由

  • 全国75万台の過去の取引データを元に車査定価格を申し込み後すぐに知ることが可能です。
  • 評判の悪い口コミが少ないです。
  • 査定依頼の際にメールでのやりとりが可能です。

⇒ 車査定比較.comで無料一括査定をする

楽天オート

おすすめの理由

  • 成約時に楽天ポイントが1500ポイント付与されます。
  • 楽天の口コミが見れて、評価の悪い車買取業者との交渉を拒否することが出来ます。
  • サイトに申し込むだけで、5ポイントの楽天ポイントが付与されます。

⇒ 楽天オートで無料一括査定をする

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ