「日産」の記事一覧

日産が「本気」を見せた軽自動車、デイズの特徴と査定でのチェックポイント 日産 デイズは日産の軽自動車の主力でしたが、三菱自動車の燃費不正問題のおかげでいろいろな影響が出ています。それらを含めて査定等をチェックしてみるとしましょう。 日産 デイズってどんな車? 日産 デイズ
電気自動車(EV)の先駆け、日産  リーフの査定ポイントはどこ? 低燃費車の「ゴール」ともいうべき電気自動車(以下EV)の先駆けが日産 リーフです。 日産の社運を賭けた一台と言っても決して過言ではなかったのですが、どのような特徴を持っているのかと共に、買取ってもらう
長い歴史を誇るスカイラインの査定は? 日産・スカイラインは、元をたどれば昭和40年代に日産と合併したプリンス・スカイラインにまでたどれる由緒正しいセダンと言えます。 セドリックもローレルもモデル消滅してしまった現在もっとも長い歴史を誇るの
日産を代表するスポーツクーペ フェアレディーZ。その買取は? 日産自動車のスポーツカーの2枚看板の一枚をスカイラインGT-Rとするならば、もう一枚は、やはりフェアレディーZでしょう。 スカイラインのほうは、いつの間にかスカイラインが取れて和製スーパーカー化してし
日産のスーパースポーツGT-Rその買取額は? 日産が世界に誇る、スーパースポーツ「GT-R」。歴代スカイラインのフラッグシップであったGT-R。初代スカイラインGT-Rは、KPGC10です。直6DOHCエンジンのS20が搭載されました。 それから
日産・ジュークは日産を代表するミドルサイズ・SUV その買取価格は? 2010年に販売開始された、日産・ジュークは日産を代表するミドルサイズ・SUV。日産と繋がりが深いルノー・キャプチャーとシャーシを共通としていて世界各国へ輸出されているグローバルスタンダードカーです。
日産が目指した高級コンパクトカー 日産 ティーダ その買取価格は? 2004年に、日産のハッチバックモデルのパルサーの後継モデルとして登場したティーダ。 兄弟車のティーダ・ラティオはセダンでサニーの後継モデルにあたります。日産が目指した高級コンパクトカー。 トヨタでも
日産・セダン軍団の中堅は、シルフィ 人気と査定? 90年代末の日産は、セダンモデルの車種統合を行われました。ブルーバードとパルサーが統合され新たにブルバードシルフィが誕生したのです。 ブルバードシルフィは、車格的には現行モデルのティーダとティアナの間
キャンパーたちに大好評 日産キャラバン その査定額は? アウトドアブームから、キャンプを楽しむ人たちが増えています。そんな、キャンプを楽しむ人たちが選ぶ車はやはり荷物と人がちゃんと乗る車でしょう。 ミニバンはもちろんのこと以前は仕事用の商用車であったトヨタ
ハイブリッドで復活!シーマ現象のシーマ その査定額は? 日産のシーマと言えば、、、。1990年代初頭に巻き起こしたビックセダンブームから、シーマ現象と呼ばれるほどの人気となりました。 当時は、規制暖和の影響で税金が安くなったこともあり、3ナンバービッグセダ
5ナンバーミニバンの「王者」日産 セレナの査定のポイントは? 5ナンバーミニバンの「王者」として高い人気を集めている日産 セレナ。なぜ人気が高いのかや中古車市場の状況をチェックしてみるとしましょう。 日産 セレナってどんな車? 日産 セレナの登場は1991年。
日産ムラーノの査定価格はいくら? 日産・ムラーノは、全世界に輸出されているグロバルカーで、日産が世界に誇るクロスオーバーSUVなのです。販売当初は、北米のみでの輸出専用だったのが、2003年東京モーターショーで大反響を呼んだため翌年国
エルグランドは、初代モデルからベストセラー その買取は? 日産が誇る、ミニバンフラッグシップモデルです。初代モデルから絶大なる人気を獲得してミニバンブームを引き起こしたモデル。 2代目モデルは、2002~2010年までの8年間も発売された一大ロングセラー。エ
今、若者に一番人気の日産・キューブ。査定して売るなら、早めがお得!! 今年成人した若者にアンケートしたところ一番人気だったのが、日産・キューブ。角が丸くなってしまった現行モデルよりも、よりスクエアーなデザインの先代モデルの方が人気が高いのが特徴的です。 2代目(Z11)
SUV販売台数ナンバーワン 日産・エクストレイル その買取は? 日産サファリ・テラノ亡き後、今や日産を代表するSUVと言えばエクストレイルで決まりですね。初代登場時から、スノーボードやカヌー、マウンテンバイクなどアウトドアスポーツを全面に押し出したイメージのCMで
ガソリン車販売ナンバーワンの日産・ノート!その買取は? 日産・ノートの現行モデルはとても高い人気をこのところ維持し続けています。人気の理由は、1500ccから1200ccへダウンサイジングされ高いエコ技術が凝縮されたエンジンとマーチやティーダなどの同じコン
長期間同じボディースタイルで販売されるマーチは日産の良心 査定は? 日産のコンパクトカーと言えばマーチ。通常は4年でフルモデルチェンジするところを8~10年の長期間同じボディースタイルで販売されるマーチは、日産の良心とも言えるエントリーカーでもあります。 2010年に
技術の日産が誇るミドルクラスワゴン ステージア その買取は? 日産が、ワゴンブームの絶頂期に販売したミドルクラスワゴン。同時期のスカイライン(最後の直6エンジン搭載)のシャーシとエンジンが同じなので、運動性能はピカイチでした。 街中では、現在でも大事に乗られてい
プリンス・日産のフラッグシップカーであった栄光のグロリア。その買取は? 日産と合併する前のプリンス時代からあったグロリア。日産とプリンス合併後はグロリアはセドリックとバッチ違いの兄弟車となりました。 現在、主に中古車で流通しているのは11代目グロリア(Y 34系)1999
サブコンテンツ

このページの先頭へ