フォルクスワーゲン定番ゴルフのセダンバージョンは、ジェッタ その査定は?


フォルクスワーゲン・ジェッタ。ジェット機みたいな車名はズバリのジェット気流のこと。ゴルフシリーズのセダン版として、主にセダン好きなアメリカに輸出されていました。

1972~1992年に、販売された初代・2代目ジェッタはまさにゴルフのセダンモデルそのもの。3代目は、ジェッタではなくヴィエント4代目はボーラの車名で販売されましたがイメージが定着しないためか5代目発売時にジェッタの車名に戻りました。

アメリカでの輸出名は一貫してジェッタなので、それに習って元に戻したようですね。貴方の愛車のジェッタをフォルクスワーゲンへ下取りに出すまえに、査定価格を一度みてみませんか?

相場の星」ならとっても簡単検索OKです!

5代目(2006~2010年)

現行モデルの6代目ジェッタは、なぜか日本では販売されていません。一番新しい5代目ジェッタについて紹介しましょう。

ゴルフⅤをベースとした4ドアセダン。ボディーデザインは、80パーセント以上専用設計したためハッチッバクのゴルフとは違う落ち着いたセダンになっています。

搭載エンジンは、1400cccのツインチャージャーTSIと2000ccのNAとターボの3種類。1400ccは、2007年のマイナーチェンジにされた際には、1400ccと2000ccに燃費やパワーに優れたTSIに変更されました。

◇6代目(2010年)

フロントデザインが、ゴルフと似たようなデザイン。しかし、ボディーパネルでゴルフとの共用部品はいっさいありません。残念ながら、日本への輸出は何故かありません。

VW・ジェッタの査定と人気

査定の対象となるのは先代モデルの5代目ジェッタ。直近5年ものの査定は、約10~60万円です。人気があるのは、排気量に関係なく省燃費とパワーのよいTSIが高値で売却可能でしょう。

6代目以前のモデルを売るのは不可能かも知れません。3代目にあったV6エンジン搭載のVR6ならば専門店で買取りされるかもしれません。

まずは検索をしてみよう!

関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ